仮面ライダー経て成長した奥野壮へ、押田岳が「かっこいい男になった」

3718

仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」の完成報告イベントが、本日12月16日に東京・丸の内TOEIで開催され、高橋文哉岡田龍太郎鶴嶋乃愛井桁弘恵奥野壮押田岳大幡しえり生駒里奈和田聰宏が登壇した。

「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」完成報告イベントの様子。

「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」完成報告イベントの様子。

大きなサイズで見る(全42件)

「あれ、ウォズはー?」と渡邊圭祐を探す奥野壮。

「あれ、ウォズはー?」と渡邊圭祐を探す奥野壮。[拡大]

「魔王秘書のツクヨミです」と挨拶する大幡しえり。

「魔王秘書のツクヨミです」と挨拶する大幡しえり。[拡大]

「仮面ライダーゼロワン」と「仮面ライダージオウ」がクロスオーバーする本作。ゼロワンチームのキャストたちが緊張気味に挨拶したのち、常磐ソウゴ / 仮面ライダージオウ役の奥野は「祝え! 祝えと言っている! ……あれ、ウォズはー?」とこの日欠席したウォズ役・渡邊圭祐をいじる。そして滅亡迅雷.net役の中川大輔と砂川脩弥も不在だったことから、本作で彼らと共演した明光院ゲイツ / 仮面ライダーゲイツ役の押田は「滅亡迅雷.netに接続」と言おうとするも、途中でセリフを間違えてしまう。ツクヨミ / 仮面ライダーツクヨミ役の大幡は、鶴嶋演じる社長秘書のヒューマギア・イズ風に「魔王秘書のツクヨミです」と挨拶した。

高橋文哉

高橋文哉[拡大]

高橋文哉(右)に対し、「あれ言ったほうがいいんじゃない? ごはん誘ったやつ……(笑)」と言う奥野壮(左)。

高橋文哉(右)に対し、「あれ言ったほうがいいんじゃない? ごはん誘ったやつ……(笑)」と言う奥野壮(左)。[拡大]

飛電或人 / 仮面ライダーゼロワン役の高橋は「ついに僕たちの映画が完成して、皆さんに届くんだなと思うとワクワクします」と初主演映画の完成を喜ぶ。そして高橋がジオウチームと共演した感想を語っていると、奥野は小さい声で「あれ言ったほうがいいんじゃない? ごはん誘ったやつ……(笑)」とぼそり。それを受け高橋は「奥野さんにごはんに誘っていただいたんです! それも、わざわざ僕がメイクを落とすのを待ってくださって……。お芝居の話からプライベートの話までさせていただきました」と告白し、奥野は「しっかり先輩風を吹かせました」と照れ笑いする。また、高橋が「ジオウ、ゲイツ、ウォズの同時変身をカメラ横で見させてもらったのですが、一発で『変身!』の声がそろっていて鳥肌が立ちました」と目を輝かせたのを見て、奥野は「僕以外の2人がいつも合わせてくれるので、僕からはなんとも言えないです(笑)。いつも安心してやらせてもらってます」と返した。

生駒里奈

生駒里奈[拡大]

高橋文哉(左)の現場での気遣いを絶賛する和田聰宏(右)。

高橋文哉(左)の現場での気遣いを絶賛する和田聰宏(右)。[拡大]

「仮面ライダーオーズ / OOO」主演の渡部秀と同じく秋田出身の生駒は、今回タイムジャッカーのフィーニス役でゲスト出演を果たした。「芸能界に入ったらいつか先輩(渡部)のようになりたいと思っていて、決まったときはちょっと鼻血が出そうになりました(笑)。中学生の頃、女子なのに友達と変身ごっこをやっていたのを思い出してうれしくなりました」と並々ならぬ思いを明かす。またヒューマギア・ウィル役の和田は、現場での高橋の気遣いぶりを「楽屋のテーブルのところで僕が休んでいたら、高橋くんが座敷の部分にスペースを作ってくれて『どうぞこちらで休んでください』って。18歳でこんなに気が使えてどうするんだ!と思いました」と絶賛した。

肩を組む押田岳(後列左)と岡田龍太郎(後列右)。

肩を組む押田岳(後列左)と岡田龍太郎(後列右)。[拡大]

鶴嶋乃愛

鶴嶋乃愛[拡大]

ここからは本作の見どころに関する話題へ。不破諫 / 仮面ライダーバルカン役の岡田は「A.I.M.S.に関しては完全にアクションです! まだ発売されていない武器を使ったり、武器マニアの方にしかわからない撃ち方をしていたり、武器メンテナンスに関しても監修の方が入ってくれていたり」と熱を込めて説明。鶴嶋は「イズはテンションが一定なんですが、この映画では感情をあらわにするシーンがあります。それはまだまだテレビシリーズでは観られないシーンだと思います」と、刃唯阿 / 仮面ライダーバルキリー役の井桁は「ドラマ版でA.I.M.S.はスーツでいることが多いのですが、今回は髪型も服装も違うので、楽しんでいただけたら」とそれぞれ語った。

「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」完成報告イベントの様子。

「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」完成報告イベントの様子。[拡大]

同じ話題で、先ほど試写を見たばかりだという奥野は「プロデューサーさんと“変態カメラワーク”って話していたんですけど、そのくらい鳥肌が立つようなカメラワークばかりなんです」と話す。また押田は「ジオウチームとしてはやっぱり、壮を見てほしい。去年ビルドの先輩方と映画でご一緒したあと、2人でごはんに行って『1年後、こんな先輩になれているのかな』って話したんです。今回、壮がしっかり先輩になれていたんですよ。1年間一緒にやっていた身からすると、泣きそうになってしまって……。かっこいい男になったと思うので、注目してください!」とともに戦ってきた仲間の成長をたたえた。

「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」は、12月21日より全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全42件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

高橋文哉のほかの記事

リンク

関連商品

「ゼロワン&ジオウ」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映