映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

佐藤健が嘆き、鈴木亮平とMEGUMIが言い争う「ひとよ」本予告

639

「ひとよ」メイキング写真。左から田中裕子、佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優。

「ひとよ」メイキング写真。左から田中裕子、佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優。

佐藤健が主演、白石和彌が監督を務める「ひとよ」の本予告がYouTubeで公開された。

15年前の事件がきっかけで別々の人生を歩んでいた稲村家の母と3兄妹が再会し、崩壊した絆を取り戻そうとするさまを描く本作。次男・雄二を佐藤、長男・大樹を鈴木亮平、末っ子の妹・園子を松岡茉優、母・こはるを田中裕子が演じる。「凶悪」などでも白石とタッグを組んだ高橋泉が脚本を手がけた。

本予告にはコミュニケーションに苦手意識を持つ大樹が、MEGUMI演じる妻・二三子と言い争う場面が切り取られている。子供たちを守るため、15年前に夫を手にかけたこはるの「自分のしたことを疑ったら、子供たちは迷子になっちゃう」という言葉も収録。終盤には雄二が嘆く様子が映し出される。

また白石のコメントも到着した。血縁の家族を描いたことに関して「色々と自分の家族のことも考えてしまい、一筋縄ではいきませんでした。描き切ったつもりでいても完成してみるとますます家族って何かわからなくなりました」と述べている。

「ひとよ」は11月8日より全国でロードショー。

※高橋泉の高は、はしごだかが正式表記

白石和彌 コメント

血縁の家族を描いたことについて

色々と自分の家族のことも考えてしまい、一筋縄ではいきませんでした。描き切ったつもりでいても完成してみるとますます家族って何かわからなくなりました。

佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子演じる家族について

バラバラのようで、しっかりと奥底で繋がっているんだなと感じることができる家族だったと思います。改めて俳優の力に唸らされる撮影現場でした。みなさんそれぞれのやり方で本番に向けて集中していました。

(c)2019「ひとよ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー