映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「泣くな赤鬼」堤真一が中高生にエール、川栄李奈は主将へ「声出しておけば大丈夫」

364

「泣くな赤鬼」完成披露試写会の様子。左から兼重淳、川栄李奈、堤真一、柳楽優弥、竜星涼。

「泣くな赤鬼」完成披露試写会の様子。左から兼重淳、川栄李奈、堤真一、柳楽優弥、竜星涼。

泣くな赤鬼」の完成披露試写会が本日5月21日に東京・新宿バルト9で行われ、キャストの堤真一柳楽優弥川栄李奈竜星涼、監督の兼重淳が登壇した。

「泣くな赤鬼」は、重松清の短編小説をもとにした人間ドラマ。高校野球部で“赤鬼先生”と呼ばれていた教師・小渕隆と、かつての教え子で余命半年のゴルゴこと斎藤智之の絆が描かれる。堤が赤鬼、柳楽がゴルゴを演じた。

堤はまず「いろいろな映画に出ているんですけど、自分が出ている映画で泣いたのは初めてです」と述懐。その理由を「役者として観ても、お客さんとして観ても、人間関係に優しさや愛情を感じて。やってよかったなと思いました」と説明する。自身は中学生のときに野球部に所属していたことを明かし、「先生がめちゃめちゃ怖かったんです。その先生のことを真っ先に思い出して脚本を読んでいました」と役作りの一端に触れた。

柳楽が「先生と教師という関係性で……」と物語のあらすじを言い間違えると、登壇者から笑いがこぼれる。恥ずかしそうな表情で柳楽は「川栄さん、おめでとうございます!」と先日結婚と妊娠を発表した川栄を祝福する形でごまかし、会場に爆笑を沸き起こした。川栄は「台本を読んだときも柳楽さんとお芝居をしているときもつらくて」と余命宣告を受けたゴルゴの妻・雪乃を演じた苦悩を伝え、映画については「号泣してしまいました」とコメント。竜星も食い気味で「僕も泣きました」と言い、「赤鬼先生のような人が欲しかった。自分には、ずっと思い入れのある先生はいないので」と話す。

続いて登壇者たちは、事前に集めた現役中高生からの質問に答えることに。「部活のキャプテンとしてチームをまとめるためにはどうすればいいか」という質問に堤は「キャプテンという立ち位置に立ったことがないからわからない」と本音を漏らしつつ、「まとめるって思いすぎるとギクシャクするだろうから、ある意味楽しむことを目標にしたほうがいいんじゃないかな」とアドバイスする。同じ質問に対し、竜星は柳楽と顔を見合わせたあと「いっそのことまとめないとか……?」と冗談交じりに意見を述べ、川栄は「私、中学生のとき副キャプテンをやっていたんですけど、とりあえず声を出しておけば大丈夫だと思います!(笑)」と自分の体験をもとにエールを送った。

「新しい友達と仲良くなるコツ」を聞かれた川栄が「あまり友達がいないからわからないです……堤さんどうですか?」と突然振ると、堤は「なんで(俺)!?」と驚きの表情を浮かべる。回答に苦慮しつつも「無理に作る必要はないですよ。優しくされてもよく考えたら嫌なやつだなと思うときもあるし(笑)」と持論を伝えた。また「モテたくてバンドを始めたけどモテない。どうすればいいですか?」という男子高校生からの質問に、竜星は「知らないよ!(笑)」と笑いながら返答。「やり続けることが大事なんじゃないですか? すごく上手だなと思われるくらいやったら『かっこいい』ってなるかもしれない」と男子高校生の飛躍に思いを馳せた。

「去年の暑い夏、たくさんのスタッフ、共演者と作り上げた映画です」と、気温が39℃まで上がった日もあったという撮影を振り返った堤。映画の見どころを「若い俳優さんたちもたくさん出ていて、彼らの情熱も感じ取ることができると思います」とアピールした。

「泣くな赤鬼」は6月14日より全国でロードショー。

(c)2019「泣くな赤鬼」製作委員会

映画ナタリーをフォロー