「カリコレ2019」開催決定、新作12本やジョージ・A・ロメロ「死霊のえじき」上映

110

「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019(カリコレ2019)」が、7月13日から8月9日にかけて東京・新宿シネマカリテで開催決定。第1弾ラインナップが発表された。

「ブレス あの波の向こうへ」 (c)2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

「ブレス あの波の向こうへ」 (c)2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

大きなサイズで見る(全14件)

「幸福路のチー」 (c)Happiness Road Productions Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

「幸福路のチー」 (c)Happiness Road Productions Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

「アダムズ・アップル」 (c)Adams aebler/ADAM'S APPLES

「アダムズ・アップル」 (c)Adams aebler/ADAM'S APPLES

第6回を迎える「カリコレ」のオープニングを飾るのは、サイモン・ベイカーが監督、脚本、主演、製作を兼任したサーフムービー「ブレス あの波の向こうへ」。7月27日に同館で封切られる作品を、いち早く鑑賞できる。また晩秋に公開される台湾アニメーション「幸福路のチー」、10月公開のマッツ・ミケルセン出演作「アダムズ・アップル」の先行プレミア上映も。

「生き人形マリア」 (c)2014 <Star Cinema> All rights reserved.

「生き人形マリア」 (c)2014 <Star Cinema> All rights reserved.

最新上映作品には「ダイ・ハード2」のレニー・ハーリンが手がけたソードアクションファンタジー「Legend of the Ancient Sword(英題)」、ジェイク・ギレンホールジェシカ・ビールが共演したラブコメ「アクシデンタル・ラブ(仮題)」、マリオン・コティヤールらが声優を務めたアニメーション「アヴリルと奇妙な世界」、フィリピン発のホラー「生き人形マリア」、ギョーム・カネジル・ルルーシュによるバディコメディ「ダーティ・ガイズ パリ風俗街潜入捜査線」といった作品が選ばれた。

「死霊のえじき(デジタル・リマスター完全版)」 (c)MCMLXXXV-MMII Taurus Entertainment Company All Rights Reserved

「死霊のえじき(デジタル・リマスター完全版)」 (c)MCMLXXXV-MMII Taurus Entertainment Company All Rights Reserved

さらに旧作からは、ジョージ・A・ロメロが手がけた“ゾンビ3部作”最終章「死霊のえじき」のデジタルリマスター完全版を上映。新作12本、旧作1本のあわせて13タイトルがラインナップに並んだ。そのほかの上映作品は続報を待とう。

カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019

2019年7月13日(土)~8月9日(金)東京都 新宿シネマカリテ
料金:新作 1500円 / 旧作 1000円 ※新作はリピート割で1200円
<上映作品>
「ブレス あの波の向こうへ」※オープニング
「幸福路のチー」※先行プレミア
「アダムズ・アップル」※先行プレミア
「Legend of the Ancient Sword」
「Break(原題)」
「アクシデンタル・ラブ」
「アヴリルと奇妙な世界」
「生き人形マリア」
「ダーティ・ガイズ パリ風俗街潜入捜査線」
モンスター・フェスティバル
「Trading Paint(原題)」
「Romans(原題)」
死霊のえじき(デジタル・リマスター完全版)

この記事の画像(全14件)

関連記事

サイモン・ベイカーのほかの記事

リンク

(c)カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション(R)2019実行委員会