マリオン・コティヤール

マリオンコティヤール

舞台俳優である両親の影響で幼少期より舞台に立つ。リュック・ベッソン監督の「TAXi」シリーズで知名度を上げ、ティム・バートン監督の「ビッグ・フィッシュ」(2003)でハリウッド進出。2007年、「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」で、アカデミー賞主演女優賞を受賞。