映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「るろうに剣心」新作、2020年夏に2本連続公開!佐藤健「やはり特別な思いがある」

6985

「るろうに剣心」新作の告知ビジュアル。

「るろうに剣心」新作の告知ビジュアル。

佐藤健が主演、大友啓史が監督を務める実写版「るろうに剣心」の新作が2020年夏に2作連続で公開される。

和月伸宏のマンガを原作とする「るろうに剣心」は、佐藤演じる剣客・緋村剣心を主人公としたアクション。2012年に「るろうに剣心」、2014年に「るろうに剣心 京都大火編」「るろうに剣心 伝説の最期編」が公開され、シリーズの累計興行収入は125億円、観客動員数は980万人を記録している。

新作2本は、剣心の十字傷の謎に迫る“追憶編”と、縁(えにし)との戦いを描く“人誅編のクライマックスまで”を描くもの。それぞれの映画タイトルは後日発表される。

佐藤は「毎回どの作品も全力で演じていますが、『るろうに剣心』に関しては、やはり特別な思いがあります。また、この二部作は、剣心の十字傷の秘密(剣心の過去)を描いていることもあり、剣心にとって間違いなく一番重要なエピソードです」とコメント。「クランクインの日は、久しぶりに剣心を演じること、大友組ならではの大規模撮影の雰囲気など、すべてにおいてソワソワしていました(笑)。でも芝居が始まっていくうちに、『懐かしい』『帰ってきた』という感覚がとても強くなってきました。2020年、皆さんに楽しんでいただける作品になるように、自分にとって人生の代表作にするつもりで最後まで演じ切りたいと思います」と意気込んだ。

また大友は、追憶編を描くことに関し「このシリーズには絶対に欠かせないエピソードであり、主人公・緋村剣心の人間性に踏み込んでいくことになる頬の傷の話を描くにあたって、もう一度『るろうに剣心』と対峙することへの覚悟を問われる感じがしました」と述べている。ファンに向けては「自分たちにできるベストなものを届けたいと思っています。健くんも多くの作品で経験してきたものをこの作品に捧げてくれています。皆さんに愛してもらえる作品に仕上がると思いますので、2020年夏を楽しみに待っていてください」とメッセージを送った。

なお撮影は2018年11月にスタート。京都、奈良、滋賀、三重、兵庫、熊本、広島、栃木、埼玉、静岡など各地で行われており、5月に終了する予定だ。

(c)和月伸宏/集英社 (c)2020「るろうに剣心」最終章 製作委員会

映画ナタリーをフォロー