映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

新海誠の最新作「天気の子」主人公とヒロイン写した場面カット到着

4219

「天気の子」

「天気の子」

新海誠が原作、脚本、監督を担当する最新作「天気の子」の場面カットが到着した。

天候の調和が狂っていく時代を舞台とする本作では、離島から東京へ家出し、オカルト雑誌のライター業に勤しむ高校生・森嶋帆高と、祈ることで天候を晴れにできる不思議な力を持った少女・天野陽菜の姿が描かれる。帆高に舞台版「弱虫ペダル」の醍醐虎汰朗、陽菜にドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」の森七菜が声を当てた。公開された場面カットには帆高と陽菜の姿や、雨雲の隙間からのぞいた青空を見上げる2人が写し出されている。

「君の名は。」の田中将賀がキャラクターデザインを手がけた「天気の子」は、7月19日に全国で公開。

(c)2019「天気の子」製作委員会

映画ナタリーをフォロー