映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「バンブルビー」H・スタインフェルド来日!土屋太鳳&志尊淳と黄色のカーペット踏む

549

左から志尊淳、土屋太鳳、ヘイリー・スタインフェルド。

左から志尊淳、土屋太鳳、ヘイリー・スタインフェルド。

バンブルビー」のジャパンプレミアが本日3月12日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催。来日中の主演女優ヘイリー・スタインフェルド、監督を務めたトラヴィス・ナイト、プロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、日本語吹替キャストの土屋太鳳志尊淳が出席した。

「トランスフォーマー」シリーズ最新作にあたる本作は、車に変形する生命体バンブルビーと、スタインフェルド演じる少女チャーリーの冒険を描く物語。吹替版にて、土屋はチャーリー、志尊はチャーリーに思いを寄せる少年メモの声を担当した。

まずバンブルビーの色に合わせた“イエローカーペット”で撮影に応じたゲスト陣。土屋は黄色い花模様があしらわれた着物姿で、志尊はブラックスーツに黄色いポケットチーフを胸にしのばせ登場。そしてスタインフェルドは、真っ黄色の艶やかなドレスを身にまといフォトセッションに応えた。彼女が映画のプロモーションで来日するのは、映画初出演作「トゥルー・グリット」以来、およそ8年ぶりとなる。

続いてゲスト陣は観客の待つスクリーンへ。スタインフェルドは「日本は世界中で大好きな場所の1つ。自分にとって意味のある大切な作品とともに日本に来れてとてもうれしいです」と笑顔を弾けさせる。前作「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」で日本が舞台のストップモーションアニメを作り上げたナイトは「実は初来日は8歳のときなんだ」と述懐。「そのとき私の人生が変わり、日本のものが大好きになった。そして、その2年後、日本が家にやってきた。マンガやおもちゃという形でね。そこには『トランスフォーマー』もあった。こうして『バンブルビー』を携えて、ここに立てていることが本当に感慨深い」と挨拶した。

「バンブルビー」で実写監督デビューを飾ったナイト。アニメーション監督の仕事との相違点を尋ねられると「『KUBO』は作るのに5年もかかった。アニメーションはとにかく(制作が)ゆっくりなんだ」と笑う。さらに「一方で、実写はとてもペースが速い。もちろんそこにかける情熱は同じだけどね」とコメント。ボナヴェンチュラは本作がこれまでのシリーズ作品とは少し異なることに触れ「心温まる物語でキャラクター重視」「より感情的でエモーショナル」と明かした。

バンブルビーのキャラクターが日本で「かわいい」と話題になっていることをMCから告げられたゲスト陣。「もちろんKawaiiと思います」とスタインフェルドはうなずきながら「バンブルビーのかわいさは、おそらく人間味のあるところ。監督の手腕によって、彼の目や耳の小さな動きといった反応がとても人間らしくなっています」と続ける。また「地球に暮らしたい、そこに住む人間、そしてチャーリーを守りたいという思いが伝わると思います。彼は愛にあふれていて、とても感情的なの」とバンブルビーのキャラクターを紹介した。

本作には、父親を亡くした悲しみから立ち直れずにいるチャーリーの思春期を描いた青春映画という側面も。スタインフェルドは、彼女との共通点を問われ「共感できる部分はたくさんあります。私だけでなく、皆さんもそうだと思います」と回答。「10代の女性の描写がとても現実に忠実。誰もが経験するような、人生の意味を模索する時期を描いている。自分を見失って不安になったり、混乱したり、そういった気持ちや時間をこの映画は完璧に捉えています」とアピールし、「チャーリーに特別な能力はないけど、彼女は周囲に助けてもらいながら自分の力で立ち上がろうとする。それがこの映画の素晴らしいところだと思います」と語った。

「バンブルビー」は3月22日より全国でロードショー。なお前日21日には先行上映が行われる。先行上映実施劇場は映画の公式サイトで確認を。

(c)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (c)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー