映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

4つの人格を異なる女優陣が演じた「殺人鬼を飼う女」予告到着

101

「殺人鬼を飼う女」

「殺人鬼を飼う女」

「リング」「スマホを落としただけなのに」の中田秀夫が監督を務める「殺人鬼を飼う女」の予告編がYouTubeにて公開された。

大石圭による同名ホラー小説を原作に、義父から受けた虐待が原因で解離性同一性障害となった女性キョウコの姿を描く本作。別人格を作ることで自身を守ってきたキョウコの中には、彼女を愛するレズビアンの直美、性的に自由奔放なゆかり、無垢な少女ハルが同居しており、それぞれ異なる女優陣が演じている。飛鳥凛がキョウコを演じたほか、直美に大島正華、ゆかりに松山愛里、ハルに中谷仁美が扮した。

予告はキョウコの「時々感じるの。自分の中に化物が住んでるんじゃないかって」というセリフから幕開け。異なる人格同士が会話する様子も収められている。そしてキョウコが隣人の小説家と距離を縮めていくにつれ、彼女の中で保たれていた均衡が崩れ始めていくさまが切り取られた。

「殺人鬼を飼う女」は4月12日より東京・テアトル新宿ほか全国ロードショー。なお本作はKADOKAWAとハピネットによる共同製作で、エッジの効いた“ジャンル映画”を生み出す「ハイテンション・ムービー・プロジェクト」の第1弾として製作された。

※「殺人鬼を飼う女」はR18+指定作品

(c)2019「殺人鬼を飼う女」製作委員会

映画ナタリーをフォロー