映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

劇団EXILE「jam」続編製作決定、EXILE HIROが激励「全員が主役になれるよう」

1223

「jam」初日舞台挨拶の様子。

「jam」初日舞台挨拶の様子。

劇団EXILEメンバーが総出演する「jam」の続編製作が決定した。

これは、本日12月1日に東京・新宿バルト9にて開催された「jam」初日舞台挨拶にて発表されたもの。

SABUが監督を務める「jam」は、3人の運命が交差する“因果応報エンタテインメント”。ファンに監禁された場末のアイドル歌手・ヒロシを青柳翔、“いいこと貯金”をすれば瀕死の彼女の意識が戻ると信じるタケルを町田啓太、かつて自分を刑務所送りにしたヤクザに復讐しようとするテツオを鈴木伸之が演じた。

舞台挨拶では、エグゼクティブプロデューサーであるEXILE HIROからのメッセージ映像を、サプライズで上映。HIROが「新たな発表があります。今日は『jam』お披露目の場ではありますが、『jam』プロジェクトを始動させたいと思います。劇団EXILEの新たな表現の場所として、続編の準備に取り掛かりたいと思います」と言った途端、会場から歓声が。さらにHIROは「『jam1』を撮っているときから監督の頭の中には『jam2』の構想があったので、ぜひセットで観ていただきたい。『jam』プロジェクトとしてこのエンタテインメントを総合的に盛り上げることをどんどん仕掛けていきたいので、ぜひ楽しみにしていてください。日頃から、(メンバーが)劇団EXILEのために1人ひとりがんばっている姿を見ているので、全員がそれぞれ主役になれるよう、引き続き頑張ってもらいたいと思います」とファンとメンバーにメッセージを寄せた。

これを受け、メンバーたちは誰が主役になるのか想像し胸を躍らせる。青柳は「このサプライズ演出は僕たちも知らなかった。プロジェクトをもっともっと盛り上げていけるよう、皆さんにはまずは1を観てから、2を楽しみにしていただけたら」と挨拶した。

「jam」は全国でロードショー中。なお映画ナタリーでは、この初日舞台挨拶の模様を追ってレポートする。

(c)2018「jam」製作委員会

映画ナタリーをフォロー