映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

劇団EXILE「jam」鈴木伸之は“親方”のメッセージに興奮、佐藤寛太は次の主演狙う

166

前列左から鈴木伸之、青柳翔、町田啓太。

前列左から鈴木伸之、青柳翔、町田啓太。

jam」の初日舞台挨拶が、本日12月1日に東京・新宿バルト9にて開催され、キャストの劇団EXILEメンバー9人と監督のSABUが登壇した。

本作では、運命が交差していく3人の主役として、場末のアイドル歌手・ヒロシを青柳翔、瀕死の彼女の意識を戻そうと奮闘するタケルを町田啓太、ヤクザに復讐しようとするテツオを鈴木伸之が演じている。青柳は本作の現場を回想し「SABU監督はそっとそばに寄ってきて、別シーンの撮影のことを『昨日鈴木くんよかったよ……』『町田くん、よかったな……』ってボソッと言うんですよ。僕は負けず嫌いなところがあるからそれに焚き付けられたんですけど、あとで町田たちに聞いたら、監督は3人に同じようなことを言っていたという(笑)」と裏話を語った。

司会から“変態的なほど一途な役”と称された町田。瀕死の恋人にハンドクリームやリップクリームを塗るシーンを回想し、「監督に『いやらしくお願いします』と言われたので、もう目がいっちゃってる感じで演じたんです。監督はモニターを観ながらニコニコされてたみたいですけど、そのシーンを観た女性スタッフさんたちが『いやーキモーい』って言ってたみたい(笑)。うれしい悲鳴で、ありがたかったですね」と笑顔を見せた。

ヒロシの付き人を演じた野替愁平は「僕が一方的に(ヒロシを)愛してるだけですから。青柳さんは同郷でもありますし、1歳上の先輩でもある。そうなると人生の先輩でもあります。役作りは難しくなく、青柳さんへのいつも通りの愛を持って接しさせていただきました」と“愛”を語り、メンバーから「今日、愛の伝道師みたいですね」と笑われた。

池に入った状態でのアクションで小澤雄太が何度もNGを出したことをぼやいた鈴木は、「でも小澤さん、あの衣装似合ってましたね。ヴェルサーチの(笑)」とヴェルサーチ“風”だった衣装をいじり出す。小野塚勇人らにも「今日の髪型カッコいいですね」「髪の毛もヴェルサーチですか?」といじられた小澤は、「ちげえよ、稲垣吾郎風だよ!」と打ち明ける。さらに鈴木は、ヤクザ役だった八木将康のビジュアルを「オールバックにサングラスでジャージ着て……すごい、(元)貴乃花親方に見えましたね」と表現して爆笑を起こした。

ここで本作の続編製作を発表するため、EXILE HIROからのメッセージ映像が上映された。メンバーは何も知らされていなかったため、「ある方からメッセージが……」と司会に振られると、秋山真太郎らは「親方からですか!?」と大はしゃぎ。HIROが「続編の準備に取り掛かりたいと思います」と発表し終えると、鈴木は「違う親方が出てきちゃいましたね」とボケて再び笑いを誘う。「jam」を撮影しているときから続編の構想があったといSABUは、次の主役を聞かれると、髪型をキメた小澤を見て「稲垣吾郎が出てくる話で……」と冗談を飛ばした。また本作ではラーメン屋店員役としてワンシーンのみの出演だった佐藤寛太は、自分が次の主演かもしれないと思ったようで「だから俺、ワンシーンしかなかったのかなって、納得です!」と目を輝かせる。しかしSABUは「次もワンシーンだったら面白いね(笑)」と笑顔で残酷なジョークを言い放った。

そして最後にSABUは「HIROさんから続編のGOサインは出ましたが、(1作目の反響が)数字に跳ね返って来ないと次はないと思う。皆さん宣伝お願いします」とファンに訴えかけた。

「jam」は全国でロードショー中。

※関連記事はこちらから
劇団EXILE「jam」続編製作決定、EXILE HIROが激励「全員が主役になれるよう」

(c)2018「jam」製作委員会

映画ナタリーをフォロー