映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

鈴木伸之が高校生ボクサー役、モロ師岡や松田るかと共演「時々もみじ色」

117

左から鈴木伸之、松田るか、モロ師岡。

左から鈴木伸之、松田るか、モロ師岡。

鈴木伸之劇団EXILE)が主演を務める「時々もみじ色」が公開される。

「時々もみじ色」は、日々喧嘩に明け暮れていた高校生の大和を主人公とする作品。ボクシングで全国レベルまで成長した大和は推薦で大学を受けることにするが、同大学の顧問は以前彼が暴力を振るったことのある人物だった。鈴木が大和役で出演。大和がボクシングを始めるきっかけとなる安田にモロ師岡が扮し、松田るか、麻木玲那、安井順平もキャストに名を連ねる。

監督は「女子カメラ」「風のたより」を手がけてきた向井宗敏。また主題歌をBENIが書き下ろすことが明らかになった。BENIは「夢はひとりで描いても、ひとりでは叶わないんだなと。聴く人の背中を押すような力強くストレートなメッセージに心掛けました」と述べている。

「時々もみじ色」の完成披露上映会は春に福岡・芦屋町で開催。その後、5月以降に劇場で公開される予定だ。

BENI コメント

主題歌のお話を頂いた時に、「夢」について改めて考えさせられました。
自分の過去を振り返った時、実は肝心なフィニッシュラインよりも無我夢中にその「夢」を追いかけていた日々が鮮明に残っていて、必ず支えられた誰かの顔が浮かびました。夢はひとりで描いても、ひとりでは叶わないんだなと。聴く人の背中を押すような力強くストレートなメッセージに心掛けました。

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー