映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「jam」劇団EXILEが和太鼓披露、青柳翔のリサイタルに町田啓太が「口パク?」

1643

横山田ヒロシになりきってリサイタルを展開する青柳翔。

横山田ヒロシになりきってリサイタルを展開する青柳翔。

jam」の第31回東京国際映画祭公式上映が、本日11月1日に東京・EXシアター六本木にて開催され、キャストの劇団EXILEメンバーと監督のSABUが登壇した。

イベントの冒頭では、秋山真太郎八木将康小澤雄太小野塚勇人佐藤寛太による和太鼓パフォーマンスを実施。過去に「HiGH&LOW THE LIVE」でも和太鼓演奏を披露した彼らが、その腕前を見せつける。続いて、劇中で場末のアイドル歌手・横山田ヒロシを演じた青柳翔が、役になりきってリサイタルを展開。「こんばんは、ありがとう」「ヒロシー!」と観客からの合いの手を受けながら劇中歌を熱唱する。歌の最中には“青柳応援団”として、町田啓太鈴木伸之がポストカードを配りながら客席を練り歩く。しかし途中、青柳が歌っていないにもかかわらずヒロシの歌声が会場に響き、口パクであることが発覚。それでも青柳はヒロシとして最後までパフォーマンスを貫き通した。終盤にはヒロシコールをしながら秋山たち劇団メンバーが再登場。歌が終わると青柳は、わざとらしく息を切らしながら、ステージに座り込んで「今日は僕のライブにお越しいただき本当にありがとう」と感謝を述べる。町田は「口パクでしたよね?」と尋ねるが、青柳が「100%、ヒロシ's ボイス」と言い張ると「ファンタスティック!」と返した。

ここでSABUも参加し、舞台挨拶がスタート。会場では通訳が登壇者の発言を逐一英訳していたが、秋山は自ら英語で挨拶してみせる。それを見た小野塚も英語で話そうとするも、「Thank you, and thank you, and thank you」と簡単な単語を繰り返すだけだった。ラーメン屋店員の衣装でパフォーマンスした佐藤は「和太鼓をこんな衣装で披露することはなかなかできないので、それも東京国際映画祭ならでは」と笑顔を見せる。彼らのステージを袖から見ていたSABUは「君らすごいね。(このパフォーマンスで)やっていける」と感心していた。

瀕死の彼女の意識を戻そうと奮闘するタケル役の町田は、ブラジャーを手にする撮影があったことから「SABUさんから『違う、もっといやらしく上げて、いやらしくフリフリして』ってニコニコしながら言われて、衝撃的でした」と回想。自分を刑務所送りにしたヤクザへの復讐を誓うテツオ役の鈴木は、一切セリフがなかった。代わりに暴れまわるアクションが多かったそうだが「今回誰もけがせず、事故もなく……」とアピールする。しかし同シーンで共演した小澤は「武器は柔らかかったんですが、当たってすごく痛かったです」と、秋山は「かなり激しいキックが入って、僕36歳なんですけど、『ウウッ』って普段出さないような声が出た」と暴露。同じくそのシーンに出演した小野塚は、鈴木を指差し「He is dangerous hammer」とでたらめな英語を披露した。

舞台挨拶の終盤に青柳は、劇団メンバーが総出演した本作の公開に向けて「このような経験をさせていただけることはなかなかないですし、12月の公開までもっともっと盛り上げていきたい」と意気込みを語る。そしてSABUは「『jam』より『jam2』のほうが面白いかなって。シリーズ化したい」と野望を明かした。

「jam」は、12月1日に東京・新宿バルト9ほか全国で公開。

(c)2018「jam」製作委員会

映画ナタリーをフォロー