映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「寝ても覚めても」東出昌大や唐田えりかが瀬戸康史の平泉成モノマネに爆笑

789

「寝ても覚めても」のプレミア上映舞台挨拶の様子。

「寝ても覚めても」のプレミア上映舞台挨拶の様子。

寝ても覚めても」のプレミア上映舞台挨拶が、本日8月21日に東京・テアトル新宿にて行われ、キャストの東出昌大唐田えりか瀬戸康史山下リオ伊藤沙莉渡辺大知黒猫チェルシー)、監督の濱口竜介が登壇した。

柴崎友香の同名小説を「ハッピーアワー」の濱口竜介が映画化した本作。大阪、東京、東北を舞台に瓜二つの顔を持つ亮平と麦(ばく)という2人の間で揺れ動く女性・朝子の姿が描かれる。東出が亮平と麦、唐田えりかが朝子を演じた。

東出が階段を上がる女性陣に手を差し伸べ、キャストが舞台上にずらりとそろうと大きな拍手が起こる。一言挨拶のあと、それぞれの恋愛観を尋ねる質問が司会者より投げかけられた。東出は「この映画の感想は千差万別だと思います。僕はこの映画を観たあと、非常にひりひりしてうずきのようなものを感じました」と話す。瀬戸は「唐ちゃん演じる朝ちゃんをとても怖く感じた。ピュアというのは、幸せなことだけじゃないんだなと思いましたね」とコメント。それを受けた唐田は「朝子と私自身はそんなに変わらない気がしていて。朝子を演じて、自分に嘘をつきたくないなとさらに深く思いましたね」と語る。

山下は「朝子に共感はできなかったんですけど、1回でもいいから目が合っただけで心が奪われるような、そんな経験したいなとうらやましく思いましたね」と笑顔を見せ、伊藤は「思うままに行動するのはなかなかできないことなのでいいことだなと思う」と述べる。渡辺は「主題歌の『RIVER』が象徴しているように、時間を意識させられた。時間が流れる中でも自分の中に強い思いがとどまることがある。恋愛ってそういうものなのかなと感じさせられる映画でした」と答えた。

濱口は「(朝子の行動は)観ていて驚くと同時に深く納得するのではないか。僕は原作を読んでいてそうなったんですが、映画を観てそうなるかは皆さん次第」とほほえむ。そして、キャストを見た濱口が「こんなに皆さんが仲良くなってくれるなんて」とつぶやくと、瀬戸は「波長が合う」としみじみ。そして、伊藤が瀬戸に「ほんとにずっとふざけてますよね!」と言ったことをきっかけに、なぜか瀬戸が平泉成のまねで映画のPRをすることに。「『寝ても覚めても』ね、うちの母さんも泣いていたよー」と瀬戸が平泉の口調で話すと、登壇者や観客に大ウケし、会場を盛り上げた。

さらに瀬戸が「撮影後も月1とかでみんなで会っていて、そのたびに『なんでこんなに仲いいんだろうね』って自分たちでも理解できないんですが、感覚的なつながりがある」と明かす。東出が「監督の純粋な映画愛に引っ張られているところもある。『お互いの信頼関係を築くことはお芝居においていい効果を生むと思います』と監督に言ってもらったところから仲良くなったというのもあるし」と続けると、濱口は「いやあ、狙い通りです。実際は相性なので運がよかった」とうれしそうな表情を見せた。

最後に東出は「(本作を)胸を張って皆さんに差し出せる。この作品を撮影している間、寝ても覚めてもこの映画のことしか考えられなかった。この映画が公開されるまで死ねないなって思いましたし、僕は本気でこの映画を愛してます」と熱い思いを吐露し、「いろいろ考えて味わってください」とメッセージを伝えた。

「寝ても覚めても」は、9月1日より全国でロードショー。

(c)2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会 / COMME DES CINEMAS

映画ナタリーをフォロー