映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

東出昌大「寝ても覚めても」カンヌ映画祭コンペ部門に出品、濱口竜介が喜びのコメント

1250

「寝ても覚めても」

「寝ても覚めても」

東出昌大が主演を務めた濱口竜介の監督作「寝ても覚めても」が、第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品されることがわかった。

柴崎友香の同名小説をもとにした本作は、瓜二つの顔を持つ2人の男の間で揺れ動く女性・朝子の姿を描いたラブストーリー。タイプの異なる亮平と麦(ばく)という2人の男を東出、ヒロインの朝子を唐田えりかが演じたほか、瀬戸康史山下リオ伊藤沙莉渡辺大知黒猫チェルシー)、仲本工事田中美佐子がキャストに名を連ねた。主題歌と音楽を手がけたのはtofubeats

濱口は今回の出品に際して「東出さん、唐田さんらの演技を、素晴らしいと思いながら現場で眺めていた身として、それが国際的な舞台へと届いたことを、心から嬉しく思います」とコメントを寄せた。なお本作は「Asako I&II」という英題で出品される。

「寝ても覚めても」は9月1日より東京・テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国でロードショー。

濱口竜介 コメント

歴史ある映画祭に「寝ても覚めても」が選ばれたこと、とても光栄です。
東出さん、唐田さんらの演技を、素晴らしいと思いながら現場で眺めていた身として、
それが国際的な舞台へと届いたことを、心から嬉しく思います。
今から映画祭の熱気と、多くの観客に出会えることを楽しみにしています!

(c)2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINEMAS

映画ナタリーをフォロー