映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ハン・ソロ」が「万引き家族」破り動員1位、「アンパンマン」「パンク侍」初登場

104

6月30日から7月1日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」が初登場で1位に輝いた。

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」では、ハン・ソロの若き頃が描かれる。オールデン・エアエンライクがソロを演じ、ロン・ハワードが監督を務めた。現時点で観客動員48万6380人、興行収入6億5825万円を記録している。

また3週連続でトップの座を守っていた「万引き家族」は2位に。初登場作品としては、戸田恵子、杏、児嶋一哉(アンジャッシュ)らが出演する「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」が4位、主演を綾野剛、監督を石井岳龍、脚本を宮藤官九郎が担当した「パンク侍、斬られて候」が5位にランクインした。

2018年6月30日~7月1日の全国映画動員ランキングトップ10

1.(NEW)「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」
2.(1↓ / 4週目)「万引き家族」
3.(2↓ / 3週目)「空飛ぶタイヤ
4.(NEW)「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」
5.(NEW)「パンク侍、斬られて候」
6.(3↓ / 5週目)「50回目のファーストキス
7.(5↓ / 12週目)「名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)
8.(6↓ / 3週目)「ワンダー 君は太陽
9.(4↓ / 5週目)「デッドプール2
10.(7↓ / 2週目)「焼肉ドラゴン

映画ナタリーをフォロー