映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

パンク侍、斬られて候

パンク侍、斬られて候

パンクザムライキラレテソウロウ

解説

芥川賞作家・町田康が2004年に発表した同名小説を基に、宮藤官九郎が脚本を手がけ、綾野剛が主演したエンタテインメント大作。江戸時代を舞台に、超人的剣客にしてテキトーなプータロー侍が、自らが蒔いた種によって生まれる大惨事に七転八倒する姿を描き出す。監督は『シャニダールの花』でも綾野とタッグを組んだ不世出の鬼才、石井岳龍。

ストーリー

自らを“超人的剣客“と表す、浪人の掛十之進。彼はある日、とある街道にて巡礼の物乞いを突如斬りつける。掛は黒和藩の長岡主馬に、「この者たちは、いずれこの土地に恐るべき災いをもたらす」と理由を語るが、すべてはハッタリ。まんまと騙された長岡は……

2018年6月30日(土)公開 / 上映時間:131分 / 製作:2018年(日本) / 配給:東映

(C)エイベックス通信放送

(C) PIA

パンク侍、斬られて候のニュース

映画ナタリーをフォロー