映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「旅猫リポート」に広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介、前野朋哉が出演

719

「旅猫リポート」より、大野拓朗演じる杉修介(左)、広瀬アリス扮する千佳子(右)。

「旅猫リポート」より、大野拓朗演じる杉修介(左)、広瀬アリス扮する千佳子(右)。

福士蒼汰が主演を務める「旅猫リポート」の追加キャストが発表。広瀬アリス大野拓朗山本涼介前野朋哉が出演することがわかった。

有川浩の小説を「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の三木康一郎が映画化した本作は、福士演じる主人公・悟が、愛猫ナナの新しい飼い主を探して旅するロードムービー。ナナの心の声を高畑充希が担当し、悟の叔母・法子を竹内結子が演じた。

広瀬と大野が演じたのは、悟の高校時代の同級生である千佳子と杉修介。千佳子は悟の初恋相手であり、修介は尻に敷かれながらも彼女を支えるよき夫だ。山本は、悟の旧友で現在は実家の写真館で働いている澤田幸介役で出演。前野は悟の中学生時代の友人・吉峯大吾を演じる。澤田と吉峯は、それぞれナナの新しい飼い主候補として登場する。

広瀬は「台本を読んで泣くって事はあまりないのですが、ポロポロと……ペットを飼っているので絆、そして人と人との繋がり、全てが温かく、そんな作品に参加させていただけてとても光栄でした」と語り、大野は「広瀬アリスと僕のやり取りにキュンとなって、懐かしい感覚に浸って欲しいです。多くの人が、青春時代に経験した『初恋』と重なって、甘酸っぱさで胸がキューってなるかな」と本作をアピール。山本は「台本を読んだだけで、こんなにも涙がこぼれる作品は初めてでした」、前野は「僕は短い期間での撮影でしたが、猫のナナが現場でのムードメーカーになってくれて助かりました」とコメントしている。

「旅猫リポート」は10月26日より全国で公開。なおナナの顔と後ろ姿がデザインされたスペシャル猫帯付き原作本の発売も決定した。7月から全国の書店にて展開される予定。

広瀬アリス コメント

台本を読んで泣くって事はあまりないのですが、ポロポロと……
ペットを飼っているので絆、そして人と人との繋がり、全てが温かく、そんな作品に参加させていただけてとても光栄でした。
撮影現場は動物も出演するのでなかなか上手く進むことが少なかったのですが、とても和やかで猫ちゃんやわんちゃんに癒されながら撮影しました。
ナナさんはまず、可愛い。綺麗(笑)。空き時間はよく一緒に遊んでいました。
映画は台本の雰囲気そのままで、動物がとても可愛く、美しく描かれていてスッと映画の世界に入れました。
動物達のかわいさに癒され、人との繋がりをとても感じる作品です。
見終わった後に大切な人に会いたくなる作品になっていると思います。

大野拓朗 コメント

子供の頃からずっと実家で犬を飼っているので、僕は動物が大好きです。
撮影現場では、共演した犬のバブがとにかく大きくて、すっごく迫力がありました!
撮影の合間は一緒に野原を駆け回って遊んだりして楽しかったです。都心ではなかなかできないことですから。
ある映画での「猫」との共演をきっかけに、最近では「猫」にも興味津々ですが、ナナはなかなか抱っこさせてくれなかったので寂しかったです。
有川先生や、動物プロダクションの北村さんが「ナナが素晴らしいよ!」とおっしゃっていたので、映画の中でナナがどんなお芝居をしているか楽しみです。
また、広瀬アリスと僕のやり取りにキュンとなって、懐かしい感覚に浸って欲しいです。
多くの人が、青春時代に経験した「初恋」と重なって、甘酸っぱさで胸がキューってなるかな。
わろてんかでの関係とは一転、全く違う顏をふたりとも出しているのでお楽しみに。

山本涼介 コメント

台本を読んだだけで、こんなにも涙がこぼれる作品は初めてでした。
僕も猫を飼っていたことがあるので、悟のナナやハチに対する気持ちに重なる想いがありました。
ナナを演じていたネコちゃんは、人間顔負けの表情や仕草で、素敵なお芝居をしてくれています。
現場でもみんなの癒しの存在で、本当に素敵な“役者”さんでした。
観るときはハンカチ必須!ですが、見終わった後にはきっと暖かい気持ちになれる、そんな作品です。
楽しみにしていてください。

前野朋哉 コメント

僕は短い期間での撮影でしたが、猫のナナが現場でのムードメーカーになってくれて助かりました。
ナナの機嫌が良いとみんな機嫌が良いし、なかなかお芝居出来ない時はスタッフが全力でお芝居できる環境を作ろうとします。中でも原作の有川さんが猫じゃらし片手に最前線でナナのご機嫌を取っていたのが印象的でした。
そんなみなさんの努力と愛が集結してどんな作品になっているか今から楽しみです。

(c)2018「旅猫リポート」製作委員会

映画ナタリーをフォロー