映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

幼なじみ演じた知英と稲葉友、「私の人生なのに」舞台挨拶で仲良しトーク

597

「私の人生なのに」完成披露上映会の様子。左から原桂之介、知英、稲葉友。

「私の人生なのに」完成披露上映会の様子。左から原桂之介、知英、稲葉友。

私の人生なのに」の完成披露上映会が本日6月18日に東京・新宿バルト9で行われ、キャストの知英稲葉友、監督を務めた原桂之介が出席した。

清智英と東きゆうによる同名小説を映画化した本作は、新体操のスター選手でありながら半身不随となった金城瑞穂が、音楽との出会いをきっかけに新たな夢に向かっていくさまを描いた作品。瑞穂役の知英は、本作の撮影を「新体操も車椅子も初めて。やることばかりの作品で不安もプレッシャーもありました」と振り返る。アーティスト・JYとして主題歌「涙の理由」も歌っている彼女は「映画の主題歌は初めてでしたけど、やっぱり歌って素晴らしいなって。自分が役になりきって歌うのは新鮮でした」とほほえんだ。

瑞穂の前に数年ぶりに現れた幼なじみ・柏原淳之介役の稲葉。本作ではギター演奏と歌唱も披露しており、「エンドロールを観たときに作曲にもクレジットが入っていて『そういえば、作曲してたわ。メロディ、作ってたわ。やった!』と思いました(笑)。役者として名前が出るのとは異なる感慨でした」と述懐した。

稲葉に知英が「どうでしたか? (私との共演は)よかったでしょ!?」とストレートに問い詰める場面も。稲葉が「よかった。めちゃくちゃよかった」と笑い「お互いに役のことをあまり相談せず、他愛のない話をして。それが幼なじみっぽくて」と続けると、知英は「どんな話してましたっけ?」ととぼけてみせる。スタッフ、共演者から“淳ちゃん”と呼ばれ親しまれていた稲葉は「今日(知英から)敬語で話しかけられたとき『あれ? なんか違う』って気持ちになるぐらいでした」と本物の幼なじみのようだった2人の関係性を垣間見せた。

最後に稲葉は「1人でも多くの人にこの映画が伝わってほしい。観客の方々はもちろんマスコミの方も。自分に何ができるんだろうと今は思っています。広めたくてしょうがない」と力強く述べ、知英が「まだまだ話し足りないですが、映画を観てもらうのが一番。家族や友達などいろんな人の愛を感じられる作品です」と語り、舞台挨拶は幕を閉じた。

「私の人生なのに」は7月14日より新宿バルト9ほか全国でロードショー。

(c)2018「私の人生なのに」フィルムパートナーズ

映画ナタリーをフォロー