映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ビルド」犬飼貴丈や赤楚衛二、北九州ロケ振り返る「ホテルで朝まで語り明かした」

8615

「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」製作発表会見の様子。

「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」製作発表会見の様子。

劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)」の製作発表会見が、本日6月12日に東京・丸の内TOEIにて開催され、キャスト・監督の10名が登壇した。

会見の冒頭では、平成仮面ライダーシリーズのプロデューサーとして知られる白倉伸一郎が挨拶。8月4日公開の特撮映画「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アン・フィルム)」2作のタイトルが、例年に比べて短いことに言及し「各々のシリーズの一番大事なところを抜き出した映画。シリーズを代表する映画にするという意味で作成されています」と説明した。

会見ではレギュラーキャストへ、シリーズの撮影開始当初から比べて成長した点について質問が。桐生戦兎 / 仮面ライダービルド役の犬飼貴丈は「クランクインしたばかりの頃は変身が決まらなくて悩んでいた時期もありました。でも集大成となるこの映画で、過去イチの変身ができました」と自信をのぞかせる。同じく変身が成長したという万丈龍我 / 仮面ライダークローズ役の赤楚衛二は「最初は何十テイクも重ねて初めて成功するくらいだったんですが……今は1テイクか……多くても5回くらいでできます(笑)」とはにかんで笑いを起こした。

同じ質問に石動美空役の高田夏帆は「早起きが得意になりました!」とハキハキ答え、シリーズに途中参加した猿渡一海 / 仮面ライダーグリス役の武田航平は「犬飼くんや赤楚くんが、役者として頼もしい部分が垣間見れるほどになった。僕のほうが歳上なんですが、同い歳くらいの感覚で現場を引っ張ってくれる」と共演者の成長を喜ぶ。テレビシリーズで仮面ライダーマッドローグに変身した内海成彰役の越智友己は「クランクイン当初は不安や緊張でいっぱいでしたが、撮影を楽しむ余裕が出てきました。ずっと変身したかったので、変身できたことも大きかった」と振り返り、滝川紗羽役の滝裕可里は「1年間の現場を通してなんでも話し合える仲間になれました」と笑顔を見せる。氷室幻徳 / 仮面ライダーローグ役の水上剣星は「(最近は)役者から『こうしたい』という意見が出せるようになった」と成長を明かすが、武田と滝から「ひげが成長したんじゃない?」「髪の毛も成長した!」とヘアスタイルなどの変化をいじられていた。

「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」に続いて監督を務める上堀内佳寿也。ビルドメンバーの成長を聞かれると「前作はレジェンドキャストがたくさん出ていたので、正直いろいろな意味で差を感じていた。今回はテレビシリーズを経てからのビルド単独映画ということで、芝居も姿勢もレベルアップしている」と称えた。

会見には、劇場版ゲストも登壇。東都の知事・伊能賢剛 / 仮面ライダーブラッド役の勝村政信は「衣装合わせのとき、監督に変身ポーズについて相談されたのですが、恥ずかしくて『歳が歳なので、ポーズはなくても……』と言ったのを今後悔しています。どうして変身ポーズを付けなかったのか」と悔しそうに語る。西都の知事・郷原光臣 / ゼブラロストスマッシュ役の藤井隆は悪役に戸惑いがあったと言い「普段は宇宙船地球号の乗組員の1人として平和主義なので。現場で勝村さんに最新芸能ゴシップを報告することによって悪い自分になれた」と笑いを誘う。また自身のコメント中、勝村に「ライダー以外もここに登壇していいんですか?(笑)」といじわるに言われた藤井は「さっきも『このエレベーター、ライダー以外も乗っていいんですか?』って言われたんです! フィルムに(バトルを)焼き付けましたけど、まだまだ熱い戦いは続いています」とまとめる。なお会見では、北都の知事・才賀涼香 / シザーズロストスマッシュを演じた松井玲奈からのビデオメッセージも上映された。

本作は5月に福岡・北九州市にて大規模ロケが行われた。北九州市での思い出を犬飼は「撮影以外では、どれだけたくさんのラーメンが食べられるかということに集中しました。中打ち(上げ)の前にラーメンを食べて、打ち上げのあとにまたラーメンに行くという」と楽しげに回想。赤楚は「僕とあっちゃん(犬飼)と剣星さんと航平さんとで、ホテルで朝まで語り明かしました。その次の日すごく眠かったんですが……」と、幻徳のセリフ「ホテルで朝まで語り明かそうか」を思わせるような交流を明かす。またロケに集まったエキストラ3000人に対し、犬飼は「1人ひとりが仮面ライダーをものすごく愛してくれていました。愛が直に伝わってきて、素晴らしい画になった」と感謝を述べた。

最後に犬飼は「『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』は、暑い夏にベストマッチな映画です」と挨拶。なお映画ナタリーでは、同日に開催された「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」製作発表会見の模様も追ってレポートする。

※関連記事はこちらから
映画「ルパパト」夜野魁利&朝加圭一郎のアクション多数!結木滉星が「殺されかけた」

(c)劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 ©2018 テレビ朝日・東映 AG・東映

映画ナタリーをフォロー