映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」クリス・プラットらメインキャストの来日決定

454

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」スペインプレミアに登壇したクリス・プラット(右)とブライス・ダラス・ハワード(左)。

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」スペインプレミアに登壇したクリス・プラット(右)とブライス・ダラス・ハワード(左)。

ジュラシック・ワールド/炎の王国」のキャストであるクリス・プラットブライス・ダラス・ハワード、監督を務めたJ・A・バヨナ、製作総指揮のコリン・トレボロウの来日が決定した。

本作は2015年に公開された「ジュラシック・ワールド」の続編。前作に引き続きプラットが主人公のオーウェン、ハワードがクレアを演じる。前作の監督であるトレボロウが製作総指揮と脚本を担当し、「永遠のこどもたち」「インポッシブル」のバヨナがメガホンを取った。4人は6月27日開催のジャパンプレミアに出席する。

現地時間5月21日にはバヨナの出身地であるスペイン・マドリードのウィシンクセンターでプレミアイベントが開催された。会場には本作の舞台となるイスラ・ヌブラル島のジャングルを思わせる装飾が施され、レゴで作られたオーウェンの相棒である恐竜ブルーや映画の3Dロゴがお出迎え。イベントに出席したプラット、ハワード、バヨナの3人はあいにくの雨にもかかわらず、サインやセルフィーなどのファンサービスに応えていた。

プラットは「応援してくれてありがとう! そしてマドリードのみんな、“ジュラシック・ワールド”へようこそ」と会場の盛り上がりに興奮した様子。そして「象徴的なシリーズの作品に加わることができて興奮しているよ。25周年という、僕が俳優になる以前からある伝説的な作品を皆さんに届けることができて本当に幸せ。僕の一番のお気に入りはヴェロキラプトルだよ!」とコメントする。

ハワードは「アニマトロニクスで動く恐竜たちと働くのは楽しかった! まさに本物の恐竜たちみたいだった。私は(ヴェロキラプトルの)ブルーがお気に入り。オーウェンと僅差だけど、ブルーのほうが好き(笑)」と振り返り、バヨナは「歴史的な作品を未知の領域に進めていくのはとても面白かった。『ジュラシック』シリーズに皆さんが期待しているものと、予想外の要素のバランスを取るのはとても興味深かったよ」と語った。

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」は、7月13日より全国ロードショー。

(c)Universal Pictures

映画ナタリーをフォロー