映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ジュラシック・ワールド」続編が公開決定、クリス・プラットから日本独占メッセージ

397

「ジュラシック・ワールド」の続編「Jurassic World: Fallen Kingdom」が、「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の邦題で7月13日に日本公開決定。このたび本作の第1弾予告映像と、主演を務めたクリス・プラットからの日本独占メッセージ映像がYouTubeで解禁された。

2015年公開の「ジュラシック・ワールド」に続き、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役のプラット、恐竜テーマパーク“ジュラシック・ワールド”運営責任者であったクレア役のブライス・ダラス・ハワードが出演する本作。ジュラシック・ワールドを有するイスラ・ヌブラル島の火山活動が活発になる中、恐竜を島から救い出すことを決意した2人は生死を懸けた冒険に繰り出す。「永遠のこどもたち」のJ・A・バヨナがメガホンを取り、前作の監督を務めたコリン・トレボロウが製作総指揮・脚本、スティーヴン・スピルバーグがトレボロウとともに製作総指揮を担当した。

予告編には過去の「ジュラシック」シリーズに登場した、ジェフ・ゴールドブラム扮するマルコム博士ことイアン・マルコムの姿も。またメッセージ映像では、プラットが「コンニチハ!」と日本のファンに呼びかけている。

12月12日9時より本作のムビチケオンライン券が販売開始。2018年で「ジュラシック」シリーズが公開25周年を迎えることを記念し、先着2500個限定で「シリーズ25周年記念特製ピンバッジ」が特典として付属する。詳細はムビチケ公式サイトのキャンペーンページより確認を。なお3月には特製オリジナル恐竜フィギュア付きムビチケカードが発売予定だ。

(c) Universal Pictures

映画ナタリーをフォロー