映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」新映像、1作目のシネマコンサート開催も発表

312

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」

恐竜の日である本日4月17日に「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の特別映像がYouTubeにて公開された。

本作は、2015年に公開された「ジュラシック・ワールド」の続編。前作に引き続きクリス・プラットが主人公のオーウェンを演じる。前作の監督であるコリン・トレボロウが製作総指揮と脚本に参加し、「永遠のこどもたち」「インポッシブル」のJ・A・バヨナがメガホンを取った。

映像には「初めて恐竜を見たのはいつ?」という問いかけに、ヴェロキラプトル4姉妹の長女ブルーの幼少期を思い出すオーウェンの姿が切り取られている。プラットは「これまでのような“恐竜を怖がって逃げる”という表現を超えて、本作ではオーウェンとブルーの絆をさらに深くまで描いているよ。彼女と僕の間には共感、同情、思いやり、そして愛情が存在している。それは言葉によるコミュニケーションを超えたものなんだ」とコメントを寄せた。

このたび「ジュラシック・パーク」の公開25周年を記念し、フルオーケストラの生演奏とともに映画を楽しむ上映企画「ジュラシック・パーク in コンサート」の実施も決定。チケットの最速先行販売は本日18時より開始。詳細はイベント公式サイトで確認してほしい。

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」は、7月13日より全国ロードショー。

(c)Universal Pictures

映画ナタリーをフォロー