所沢で「散歩する侵略者」「夜空はいつでも」「美しい星」など8本上映、監督も登壇

326

上映イベント「第18回 ミューズ シネマ・セレクション 世界が注目する日本映画たち」が、明日3月16日から18日にかけて埼玉・所沢市民文化センター マーキーホールにて開催される。

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」 (c) 2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」 (c) 2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

大きなサイズで見る(全11件)

「散歩する侵略者」 (c)2017「散歩する侵略者」製作委員会

「散歩する侵略者」 (c)2017「散歩する侵略者」製作委員会[拡大]

このイベントでは、オペラ上演用のホールとして設計された会場で日本映画を楽しむことができる。ラインナップは全8作品で、初日の16日には片渕須直の監督作「この世界の片隅に」、生田斗真桐谷健太が共演した「彼らが本気で編むときは、」を上映。また、2日目の17日には本木雅弘主演、西川美和監督の「永い言い訳」、小日向文世が4人家族の大黒柱を演じた「サバイバルファミリー」、黒沢清が監督を務めた「散歩する侵略者」が上映される。

「美しい星」 (c)2017「美しい星」製作委員会

「美しい星」 (c)2017「美しい星」製作委員会[拡大]

最終日となる18日には、「2017年 第91回キネマ旬報ベスト・テン」で日本映画部門の第1位に輝いた「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」、同映画賞の文化映画部門で1位に選ばれた「人生フルーツ」、三島由紀夫のSF小説を吉田大八が映画化した「美しい星」がスクリーンにかけられる。

「第18回 ミューズ シネマ・セレクション 世界が注目する日本映画たち」登壇予定監督。上段左から荻上直子、矢口史靖、黒沢清。下段左から、伏原健之、石井裕也、吉田大八。

「第18回 ミューズ シネマ・セレクション 世界が注目する日本映画たち」登壇予定監督。上段左から荻上直子、矢口史靖、黒沢清。下段左から、伏原健之、石井裕也、吉田大八。[拡大]

なお、黒沢、吉田に加えて荻上直子矢口史靖伏原健之石井裕也が各監督作の上映後に登壇予定。トークショーや質疑応答、サイン会などが実施される。チケットはミューズチケットカウンター、チケットぴあ、ローソンチケットで販売中。詳しくは所沢市民文化センター ミューズの公式サイトで確認を。

この記事の画像(全11件)

第18回 ミューズ シネマ・セレクション 世界が注目する日本映画たち

2018年3月16日(金)~3月18日(日)埼玉県 所沢市民文化センター マーキーホール
1回券料金:800円(日時指定)
1日券料金:3月16日 1300円 / 3月17日、18日 2000円 ※日にち指定、限定160席、前売りのみ
<上映作品>
この世界の片隅に
彼らが本気で編むときは、
永い言い訳
サバイバルファミリー
散歩する侵略者
人生フルーツ
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
美しい星

来場予定ゲスト

3月16日(金)
「彼らが本気で編むときは、」監督:荻上直子

3月17日(土)
「サバイバルファミリー」監督:矢口史靖
「散歩する侵略者」監督:黒沢清

3月18日(日)
「人生フルーツ」監督:伏原健之
「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」監督:石井裕也
「美しい星」監督:吉田大八

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

片渕須直のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 サバイバルファミリー / 人生フルーツ / 散歩する侵略者 / 美しい星 / 彼らが本気で編むときは、 / 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ / 永い言い訳 / この世界の片隅に / 片渕須直 / 荻上直子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。