映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ジョージ・クルーニー監督作「サバービコン」公開決定、コーエン兄弟が脚本で参加

65

「サバービコン 仮面を被った街」

「サバービコン 仮面を被った街」

ジョージ・クルーニー監督作「サバービコン 仮面を被った街」が5月4日より公開される。

本作は1950年代を舞台に理想的なアメリカのメッキが剥がれていく過程を、実際に起きた人種差別暴動をモチーフに描くクライムコメディだ。白人だけが住む閑静な街“サバービコン”に暮らすロッジ家の生活は、ある強盗事件により一変。時を同じくして隣に越して来た黒人一家の存在が、笑顔あふれるニュータウンの住人たちのドス黒い一面をあぶりだしていく。ジョエル・コーエンイーサン・コーエン兄弟が、クルーニー、グラント・ヘスロヴとともに脚本を手がけた。

主人公ガードナーを演じるのはマット・デイモンジュリアン・ムーアがガードナーの妻とその双子の姉を1人2役で演じている。そのほかオスカー・アイザックが保険調査員役で参加した。

「サバービコン 仮面を被った街」は、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

(c)2017 Paramount Pictures. All rights reserved.

映画ナタリーをフォロー