映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

森見登美彦「ペンギン・ハイウェイ」が脚本・上田誠で劇場アニメ化、蒼井優も出演

1558

森見登美彦の小説「ペンギン・ハイウェイ」が劇場アニメ化。8月に全国で公開される。

「フミコの告白」「陽なたのアオシグレ」で知られるスタジオコロリドの石田祐康が監督を務める本作。物知りだが少し生意気な小学4年生“アオヤマ君”が、海のない街に突然現れたペンギンの謎を解こうと奮闘するさまが描かれる。アオヤマ君にはオーディションで役を射止めた、ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」の北香那、アオヤマ君の初恋相手であり、歯科医院で働くミステリアスな“お姉さん”には蒼井優が声を当てた。

森見原作のアニメ作品「四畳半神話大系」「夜は短し歩けよ乙女」を手がけてきたヨーロッパ企画上田誠が脚本を担当する。またキャラクターデザインに「台風のノルダ」の監督・新井陽次郎、音楽に蜷川幸雄演出の舞台作品に参加してきた阿部海太郎が名を連ねた。

スタジオコロリドが初めて制作する長編作品「ペンギン・ハイウェイ」の特報は、現在YouTubeにて公開中。

なお、映画ナタリーでは本日行われた本作の会見の模様を追ってレポートする。

(c)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー