映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

二階堂ふみ×吉沢亮「リバーズ・エッジ」、小沢健二の主題歌流れる新予告が公開

1901

「リバーズ・エッジ」

「リバーズ・エッジ」

リバーズ・エッジ」の主題歌入り予告編が、YouTubeにて公開された。

岡崎京子のマンガを行定勲が映画化した本作は、1990年代の都市に生きる若者たちの欲望や不安、焦燥感を描く青春群像劇。二階堂ふみ演じる女子高生・ハルナと吉沢亮扮するゲイの男子高生・山田がある秘密を共有したことで友情を結んでいく。

今回公開された予告編には、小沢健二が友人である岡崎のために書き下ろし、二階堂と吉沢が“Voice”として参加した主題歌「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」を使用。ハルナと山田の「この街は僕らの短い永遠を知っていた」というモノローグから始まる映像の中には、いじめに遭い全裸でロッカーに閉じ込められた山田をハルナが救い出すシーンなど、新規カットも収められている。

「リバーズ・エッジ」は、2月16日より東京・TOHOシネマズ 新宿ほかにて全国ロードショー。なお本作はドイツ現地時間2月15日開幕の第68回ベルリン国際映画祭でパノラマ部門オープニング作品に選出されており、行定、二階堂、吉沢がレッドカーペットに参加する。また「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」のCDは、完全限定盤として明日2月14日にリリース。映画公開日の2月16日には、小沢がテレビ朝日系「ミュージックステーション」にて同曲を生披露する。

※「リバーズ・エッジ」はR15+指定作品

(c)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

映画ナタリーをフォロー