映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ブレイブ&スナイプ」瀬戸利樹と松本享恭が豆まき「神は外、福は内」

6317

豆まきをする松本享恭(左)と瀬戸利樹(右)。

豆まきをする松本享恭(左)と瀬戸利樹(右)。

仮面ライダーブレイブ&スナイプ」の初日舞台挨拶が、本日2月3日に東京・新宿バルト9にて開催され、瀬戸利樹松本享恭、監督の鈴村展弘が登壇した。

本作は、特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」の後日譚を描くVシネマ3部作「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング」の第1弾。鏡飛彩 / 仮面ライダーブレイブ役の瀬戸と花家大我 / 仮面ライダースナイプ役の松本は、「俺に切れないものはない」「バーン……久々に言いました」とそれぞれの決めゼリフを言ったのちに照れて笑い合う。

脚本を読んだときの感想を、松本が「大我と飛彩がバチバチするところもあったんですけど、昔とはまた違う形のバチバチで。争ってるけど、どこか愛を感じる」と言うと、瀬戸も「全体的に愛を感じた」と同意。観客の笑い声を聞いた2人が不思議がっていると、鈴村が「この2人の間に愛があるみたい(笑)。ニコや小姫とのことでしょ」と訂正する。「ここにも愛はありますけど、また違った愛ですよね!」と慌てる瀬戸を見て、鈴村は「ブレイブとスナイプの間にも、もちろん友情というか愛情もある。男同士のドラマでもあるので」と解説した。

瀬戸主演の配信オリジナル作品「『仮面ライダーブレイブ』~Surviveせよ!復活のビーストライダー・スクワッド~」や、松本主演のBlu-ray特典「[裏技]仮面ライダースナイプ エピソードZERO」でもメガホンを取ってきた鈴村。「それらの半年後にこの『ブレイブ&スナイプ』を撮ったんですけど、やっぱりお芝居が成長してたし、やりやすかった。ツーといえばカーというか、細かいことを言わなくてもわかってくれた」と回想する。

無理に変身しようとして苦しむ演技の多かった松本は、撮影中に過呼吸になってしまったという。「ゼエゼエする芝居が多かったので、フラっとしちゃって、気付いたら照明にぶつかっていたんです。“闇病院”で苦しむシーンも『周りのものをなぎ倒していいから、とにかく苦しさを表現して』と言われて、背中が傷だらけになりました」と過酷な撮影を述懐。鈴村は大我のキャラクターについて「シリーズの中では3号ライダーだけど、最初のライダーでもある。ライダーになるのがいかに大変か、苦しむキャラだと考えていた」と述べる。また劇中には、飛彩がナイフとフォークでサバの味噌煮を食べるシーンが。本物のサバの味噌煮は切りづらいことから、撮影ではしめサバに味噌を塗ったものを使用したそうで、瀬戸は「なかなかの味でしたね。でも悪くない組み合わせで、新しかったです」と笑っていた。

ここで司会から「飛彩と大我は10年後どうなっていると思うか?」という質問が。「飛彩は院長になってますね、間違いなく。やっぱり天才外科医なので」と自信満々に述べる瀬戸に対して、松本は「大我は独身だとは思うんですけど……楽しくやってると思いますね。1人でご飯を食べるのも全然平気。ペットとか飼ってたらいいんですけどね」と想像を巡らせて笑いを起こす。また瀬戸が10年後の大我とニコの関係について問い詰め、ファンを沸かせる場面もあった。

イベント終盤には、本日が節分にあたることから豆まきを実施。劇中キャラの檀黎斗にちなみ、3人は「“神”は外、福は内」という掛け声に合わせて客席に豆を投げ込む。最後に瀬戸は「小さい頃から憧れていた『仮面ライダー』に出演できたことを本当にうれしく思っています。1年間本当にかけがえのない大切な時間を過ごさせていただきました。『アナザー・エンディング』でエグゼイドとしては最後になりますが、また鏡飛彩と花家大我として戻ってこれたらなと思っています」と語り、松本とともに“バーン”のポーズを決めてからステージをあとにした。

「仮面ライダーブレイブ&スナイプ」は2週間限定上映。第2弾「仮面ライダーパラドクスwithポッピー」は2月17日、第3弾「仮面ライダーゲンムVSレーザー」は3月3日に封切られる。また各作品のBlu-ray / DVDは3月28日、4月11日、4月25日にリリースとなる。

(c)2018 石森プロ・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映

映画ナタリーをフォロー