映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

岩田剛典が「CINEMA FIGHTERS」の撮影振り返り「怖くて素の自分が出そうに」

204

左から桜庭ななみ、岩田剛典、落合賢。

左から桜庭ななみ、岩田剛典、落合賢。

CINEMA FIGHTERS」の公開記念舞台挨拶が本日1月27日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた。

「CINEMA FIGHTERS」は、EXILE TRIBEとショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)のコラボプロジェクト。作詞家・小竹正人が手がけたLDHの楽曲をテーマに短編映画6編が製作された。

舞台挨拶には、EXILEの楽曲「Heavenly White」をもとにした「SWAN SONG」から、キャストの岩田剛典桜庭ななみ、監督の落合賢が登壇。岩田は「短い尺だからこその集中して観られる感覚などいろいろな魅力が詰まったプロジェクトで、参加させていただいたことがとてもうれしかったです」とコメント。桜庭は「6編ともとても魅力的な作品ばかりでした。初めて観たあと、事務所の方とずっと感想を言い合っていました」と語る。

岩田は「机をソリにして滑り降りるシーンはとてもスリリングで、めちゃくちゃ怖かったです。楽しいシーンなのですが、予想以上に怖くて素の自分が出そうになって危なかったです(笑)」と撮影時のエピソードを回想。桜庭は「ソリに乗って叫んでいるシーンはアフレコで声を入れていて、撮影したあとに『ああああああああ!』と監督も一緒に叫んでいて、何をしてるんだろうと思ってしまい、面白かったです」と笑った。

岩田はお気に入りのシーンを「桜庭さんが手袋を外して手を差し出してくるシーンです。あれは桜庭さんのアドリブで台本にはなく、いきなりやられて本気で照れちゃいました。でも一発でOKが出て、完成した作品を観るまで、あのときの表情は大丈夫かなと心配していました(笑)」と説明。落合は「どのシーンも印象深いですが、岩ちゃんがスコップで穴を掘って、地下道に入ってギターを入れる冒頭のシーンは撮影がとても大変でした。ボランティアの方々も一緒に入ってくださり、みんなで協力して撮影したのが印象的でした」と振り返る。

最後に岩田は「本日は寒い中、本当にありがとうございました。いよいよ公開を迎えましたが、1人でも多くの人に届けばいいなと思っています。『CINEMA FIGHTERS』の第2弾も作られますので、そちらもぜひ注目してください!」とアピールしてイベントを締めくくった。

「CINEMA FIGHTERS」は東京・TOHOシネマズ 新宿ほか全国で公開中。

(c)2017 CINEMA FIGHTERS

映画ナタリーをフォロー