映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「CINEMA FIGHTERS」Amiが女優として決意?AKIRAは監督からの暗示明かす

100

「CINEMA FIGHTERS」初日舞台挨拶の様子。

「CINEMA FIGHTERS」初日舞台挨拶の様子。

CINEMA FIGHTERS」の初日舞台挨拶が、本日1月26日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、キャストのAKIRADream Ami、エグゼクティブプロデューサーのEXILE HIRO、企画とプロデュースを手がける別所哲也が登壇した。

これは、EXILE TRIBEとショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)のコラボプロジェクト。作詞家・小竹正人が手がけたLDHの楽曲をテーマに短編映画全6本が製作された。

Flowerの楽曲「白雪姫」をA.T.が映像化した「キモチラボの解法」へ出演したAKIRA。企画を聞いたときの心境を「俺が『白雪姫』かあ、みたいな。いよいよ自分がラブストーリーをやるのかと思って期待したら……まあないですよねっていう(笑)。いい意味でポップなショートフィルムに仕上がって、A.T.監督のトリックは面白いなと思いました」と振り返る。劇中ではさまざまな感情エキスを操る天才メンタリスト“マイスター”を演じており、「『マイスターって誰やねん』っていうところから入ったんですけど(笑)。A.T.監督に聞いても『マイスターだから』って言われて。まさに監督がマイスターのように、僕に暗示をかけてくれました」と笑った。

自身の楽曲「ドレスを脱いだシンデレラ」をもとにした「色のない洋服店」で、映画初出演にして初主演を果たしたAmi。「今までミュージカルや舞台は経験があったんですけど、自分でも演技は向いてないなと思っていたので……。最初は『映画で主演なんて無理です!』って弱気なことを言っていたんですけど、自分の楽曲をテーマに作っていただけるということで、大根ながらがんばろうと思いました」と控えめに話す。しかしHIROから「Amiちゃんは、こんなに演技うまいんだって思いました」と褒められたAmiは、恐縮して何度もお辞儀する。司会のLiLiCoからも「不安な気持ちは捨てて!」と激励されると、Amiは「はい。今日からは女優として……!」と姿勢を正した。

イベント内では、HIROが「CINEMA FIGHTERS」の第2弾が製作中であることや、同作へTAKAHIROが出演していると発表する場面も。AKIRAは「まずは今回の『CINEMA FIGHTERS』を楽しんでいただき、これから先を楽しみにしていただけたら」と、Amiは「今日からこの作品が皆さんに届くと思うとワクワクが止まりません。第2弾も始まっていくので、このプロジェクトを皆さんと一緒に盛り上げていけたら」と挨拶する。そして別所は、自らが代表を務めるSSFF & ASIAが20周年を迎えることから「今年で映画祭は成人式を迎えます。ショートフィルムや、音楽と映画の新しい関係を、皆さんと一緒に育てていけたら」とコメント。最後にHIROが「『CINEMA FIGHTERS』は僕らにとって新しい挑戦です。ずっと継続していって、新しいジャンルになるような企画になったらいいなと思っています」とイベントを締めくくった。

※関連記事はこちらから
「CINEMA FIGHTERS」第2弾製作中、全曲書き下ろしでTAKAHIROも出演

(c)2017 CINEMA FIGHTERS

映画ナタリーをフォロー