映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「カナリア」EXILE TAKAHIROが本気で殴ってくれた塚本晋也に感謝

271

「カナリア」舞台挨拶の様子。左から松永大司、夏帆、EXILE TAKAHIRO、塚本晋也。

「カナリア」舞台挨拶の様子。左から松永大司、夏帆、EXILE TAKAHIRO、塚本晋也。

本日6月24日、ショートフィルム「カナリア」の舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 日比谷にて行われ、キャストのEXILE TAKAHIRO夏帆塚本晋也、監督の松永大司が登壇した。

「カナリア」は、EXILE HIROとショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)代表の別所哲也、そして作詞家・小竹正人によるプロジェクトの第2弾「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」を構成する1本。小竹が詩を提供した楽曲「Canaria」を松永が映像化した本作は、東日本大震災をテーマに、愛する人を亡くしたTAKAHIRO演じる亮が、希望を求めさまよう物語だ。

TAKAHIROは「濃密な撮影期間でした。セリフがここまでない役は初めてで、セリフのないところでどういう表現をするかが難しかったです。でも長セリフは3ページ半もあったのですごく緊張しました」と振り返る。松永は「撮影前にTAKAHIROと会わせてもらったのですが、EXILEのときとは別のいい意味で“普通の兄ちゃん”という面を出せる作品にできたらいいなと思いました。周りに素敵な役者を持ってきて本人を刺激して化学反応を見たいなと思いました」と説明した。

まったくセリフのない楓役を演じた夏帆は「どういう立ち位置でいればいいのかなとすごく悩んでいたんです。でも撮影前に即興で3人のお芝居をやらせていただいて、考える時間をちゃんといただけた。こういうふうに役を作っていけるんだという発見もあり、刺激的な現場でした」と述べた。

楓の父に扮した塚本は撮影前の即興芝居について「あまり経験がないので緊張しましたが、次第に役と合体していって3人の関係性を強く築くことができた。短い時間でしたが役を生きた感じになった」と感慨深そうに述懐。TAKAHIROは「塚本さんに殴られるシーンの前に『本気でお願いします』とリクエストしたら思った以上に重いのが来ました(笑)。でも迫力も出ますし、本気で来ていただいてリアクションが取りやすかった」と笑顔で塚本との撮影エピソードを明かす。

撮影の一部は福島で行われた本作。TAKAHIROは「時間が止まっていて場所の重たさを肌で感じながら演じさせていただきました。震災当時の出来事を笑って話されてる方もいて人の強さを感じましたし、被災した方々も映画をバックアップしてくれて心に染みました」と思いを吐露した。松永は「最近まで入れなかったこともあって実際に帰還困難区域に入って撮影をした作品はない。現地の人たちに『震災を題材にしてくれてありがとうございます』と言われて、いろんな思いが込み上げました。中途半端なものは作れないと改めて思いました」と語る。

そして、本作のような作品は初めての試みで難しかったという松永が「TAKAHIROの歌がちゃんとしていたので困りましたね(笑)。映画と力のある音楽をつなげて観せることの難しさを感じました」と説明すると、TAKAHIROは「一応歌手なんで(笑)」とつぶやき、客席を盛り上げた。

「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」は、全国で公開中。

(c)2018 CINEMA FIGHTERS

映画ナタリーをフォロー