映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

TAKAHIROが福島で主演作「カナリア」語る「監督に引き出しを開けてもらった」

96

福島・ポレポレシネマズ いわき小名浜オープン記念トークイベントの様子。「カナリア」で主演を務めたTAKAHIRO(右)と監督の松永大司(左)。

福島・ポレポレシネマズ いわき小名浜オープン記念トークイベントの様子。「カナリア」で主演を務めたTAKAHIRO(右)と監督の松永大司(左)。

福島・ポレポレシネマズ いわき小名浜のオープン記念トークイベントが6月15日に行われ、ショートフィルム「カナリア」で主演を務めたEXILE TAKAHIROと監督の松永大司が登壇した。

「カナリア」は、EXILE HIROとショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)代表の別所哲也、そして作詞家・小竹正人によるプロジェクトの第2弾「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」を構成する1本。小竹が詩を提供した楽曲「Canaria」を松永が映像化した本作は、東日本大震災をテーマに、愛する人を亡くしたTAKAHIRO演じる亮が、希望を求めさまよう物語だ。実際に撮影の一部は福島で行われた。

脚本を読んだときの感想を尋ねられたTAKAHIROは、「楽曲を聴いて震災がテーマになるとは予想だにしなかった」と振り返る。また松永は「小竹さんの詩を読み、脚本を書く前にTAKAHIRO本人と会って『この表現者の魅力をどう引き出せるかな』と考えました」と述べ、「テレビで見るのとは違う魅力を感じたので、映画でその魅力を出せたらいいなというのと、自分でも一度書きたかった震災をテーマに脚本を書きました」と制作を語った。

役作りについて問われたTAKAHIROは「監督から見た目に関してのリクエストは何もなかったです。金髪だったので黒髪にしようかと提案もしたのですが、日本中どこにでもいる普通の若者でいてほしいということで『TAKAHIROはTAKAHIROのままで。ただEXILE TAKAHIROは抜いてくれ』と言われました」と明かす。さらに「衣装合わせのときに急遽、共演した夏帆さんや塚本(晋也)さんとエチュードをすることになって。監督からシチュエーションの指示だけもらって3時間。本編よりも号泣してましたね」とエピソードを披露した。

「監督と一緒に役を作っていく感じでした」と話すTAKAHIROは「ただただすべてをリセットしてそのままでいてくれ、ということだったので、あとは監督に引き出しを開けていただくという撮影でした」と当時を述懐。最後に松永が「福島県の地域の方々がとても協力してくださって撮影することができました。この映画を観てもらうことに一番意味があると思います。ぜひ観てください」と語りかけ、イベントを終えた。

「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」は、6月4日から24日にかけて開催されているショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2018でプレミア上映。6月22日より全国で公開される。

(c)2018 CINEMA FIGHTERS

映画ナタリーをフォロー