映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「美女と野獣」が124億円で2017年興行収入トップに、邦画1位は「コナン」

2090

左から迫本淳一、島谷能成、岡田裕介、多田憲之、井上伸一郎。

左から迫本淳一、島谷能成、岡田裕介、多田憲之、井上伸一郎。

日本映画製作者連盟の記者発表会が本日1月25日に東京都内で行われた。

この会見には一般社団法人日本映画製作者連盟の会長・岡田裕介、東映の代表取締役社長・多田憲之、東宝の代表取締役社長・島谷能成、松竹の代表取締役社長・迫本淳一、KADOKAWAの専務執行役員・井上伸一郎が出席。5人を代表して岡田が2017年の全国映画概況を報告した。

2017年に日本で公開された映画の本数は1187本。邦画が594本、洋画が593本となっている。年間の興行収入は2285億7200万円で前年比97.1%、入場人員数は1億7448万3000人で前年比96.8%という結果に。

年間興行収入1位に輝いたのは、124億円を記録したエマ・ワトソン主演の実写映画「美女と野獣」。2位は73億4000万円で「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」、3位は73億1000万円で「怪盗グルーのミニオン大脱走」となった。また、邦画の中で興行収入1位を獲得したのは68億9000万円で「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)」。「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」「銀魂」「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」「君の膵臓をたべたい」と続く。2017年は38本の邦画と24本の洋画が興行収入10億円を突破した。

なお現在日本では土曜日に公開初日を迎える映画が多いが、東宝と松竹は今後、配給作品を原則金曜日に公開する方針であることが明らかになった。東映とKADOKAWAは作品によってどちらの曜日に公開するかを判断していくとのこと。

2017年邦画興行収入10億円以上番組

1.「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)」68億9000万円
2.「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」44億3000万円
3.「銀魂」38億4000万円
4.「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」35億5000万円
5.「君の膵臓をたべたい」35億2000万円
6.「メアリと魔女の花」32億9000万円
7.「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」32億6000万円
8.「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」25億2000万円
9.「忍びの国」25億1000万円
10.「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」24億1000万円
11.「関ヶ原」24億円
12.「海賊とよばれた男」23億7000万円
13.「昼顔」23億3000万円
14.「帝一の國」19億3000万円
15.「相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」19億2000万円
16.「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」18億5000万円
17.「映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ」16億2000万円
18.「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」15億9000万円
18.「アウトレイジ 最終章」15億9000万円 ※上映中
20.「ミックス。」14億9000万円
21.「キセキ ーあの日のソビトー」14億8000万円
22.「三度目の殺人」14億6000万円
23.「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel]I.presage flower」14億5000万円 ※上映中
24.「亜人」14億4000万円
25.「土竜の唄 香港狂騒曲」14億3000万円
26.「ひるなかの流星」13億7000万円
27.「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」13億4000万円
28.「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」13億1000万円
29.「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」13億円
30.「ナラタージュ」12億8000万円
31.「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」11億4000万円
32.「追憶」11億3000万円
33.「東京喰種 トーキョーグール」11億円
34.「ナミヤ雑貨店の奇蹟」10億9000万円
35.「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」10億6000万円
36.「本能寺ホテル」10億1000万円
36.「PとJK」10億1000万円
38.「斉木楠雄のΨ難」10億円

※「君の名は。」(2016年8月公開)最新興行収入 250億3000万円(ロングラン上映により)
※「この世界の片隅に」(2016年11月公開)最新興行収入 26億7000万円(ロングラン上映により)

2017年洋画興行収入10億円以上番組

1.「美女と野獣」124億円
2.「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」73億4000万円
3.「怪盗グルーのミニオン大脱走」73億1000万円
4.「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」67億1000万円
5.「モアナと伝説の海」51億6000万円
6.「SING/シング」51億1000万円
7.「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」46億3000万円
8.「ラ・ラ・ランド」44億2000万円
9.「バイオハザード:ザ・ファイナル」42億7000万円
10.「ワイルド・スピード ICE BREAK」40億5000万円
11.「スパイダーマン:ホームカミング」28億円
12.「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」22億円 ※上映中
13.「キングコング:髑髏島の巨神」20億円
14.「ドクター・ストレンジ」18億7000万円
15.「カーズ/クロスロード」18億円
16.「トランスフォーマー/最後の騎士王」17億5000万円
17.「ダンケルク」16億4000万円
18.「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」15億3000万円
19.「ワンダーウーマン」13億4000万円
20.「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」12億1000円
21.「ブレードランナー 2049」12億円
22.「マイティ・ソー バトルロイヤル」11億5000万円
23.「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」11億4000万円
24.「ジャスティス・リーグ」11億円 ※上映中

映画ナタリーをフォロー