映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

福山雅治が劇場版「コナン」主題歌を書き下ろし、ラジオでコナンと謎解きバトルも

1758

左から福山雅治、江戸川コナン。(撮影:板橋淳一)

左から福山雅治、江戸川コナン。(撮影:板橋淳一)

名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)」の主題歌が、福山雅治の新曲「零 -ZERO-」に決定した。

脚本を読み込んで「零 -ZERO-」を書き下ろした福山は、「それぞれのキャラクターが持つ深い背景、世界が直面しているリアルタイムの危機、謎解きの伏線と回収、その秀逸さにいつも感動しております。真実を追求する者と己の正義を貫く者、それぞれの信念が激突する今作を主題歌で表現出来ればと思っています」と話す。コナンも、主題歌に対して「映画のストーリーに寄り添って作ってくれているし、熱や体温を感じさせる曲でとっても感動しました! しかも『真実はいつもひとつ』を歌詞に入れてくれていて本当にありがとうございます!」とオフィシャルコメントを発表した。なお福山のラジオ番組「福山雅治 福のラジオ」3月3日オンエア回に、コナンがゲスト出演することも明らかに。番組内では、ドラマ「ガリレオ」シリーズで天才物理学者・湯川学を演じたことで知られる福山が、コナンと謎解きバトルを繰り広げる。

テレビアニメ「名探偵コナン」の劇場版第22弾として立川譲が監督した「名探偵コナン ゼロの執行人」には、安室透がメインキャラクターとして登場。爆破事件の容疑者として逮捕された毛利小五郎を助けるため奔走するコナンの前に、安室が公安警察・降谷零として立ちはだかる。4月13日より全国ロードショー。

福山雅治 コメント

主題歌のオファーをいただき大変光栄です。と同時に、歴史あるコナンの世界に音楽で参加させていただくことに身の引き締まる思いです。それぞれのキャラクターが持つ深い背景、世界が直面しているリアルタイムの危機、謎解きの伏線と回収、その秀逸さにいつも感動しております。真実を追求する者と己の正義を貫く者、それぞれの信念が激突する今作を主題歌で表現出来ればと思っています。

江戸川コナン コメント

福山さんが書いてくださった「零 -ZERO-」はすっごくカッコいい曲です!
映画のストーリーに寄り添って作ってくれているし、熱や体温を感じさせる曲でとっても感動しました!
しかも「真実はいつもひとつ」を歌詞に入れてくれていて本当にありがとうございます!
今日は福山さんと一緒に写真を撮れて嬉しいです。みんなに自慢しちゃおうと思います!

(c)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

映画ナタリーをフォロー