映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

マーゴット・ロビー主演、フィギュアスケート界のスキャンダル描く伝記映画が5月公開

266

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」

マーゴット・ロビーが実在のフィギュアスケート選手を演じる主演作「I, Tonya」が、「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」の邦題で5月4日より公開される。

本作は、元フィギュアスケート選手トーニャ・ハーディングの波乱に満ちた半生をブラックユーモアを交えて描いた伝記映画。アメリカ人女性初のトリプルアクセルを成功させて2度のオリンピック代表選手となったトーニャだったが、元夫の友人がトーニャのライバル選手ナンシー・ケリガンを襲撃したことを機に、彼女のスケート人生は暗転する。

第23回放送映画批評家協会賞でトーニャ役のロビーがコメディ映画女優賞、トーニャの母ラヴォナ役のアリソン・ジャネイが助演女優賞を獲得。ジャネイは第75回ゴールデングローブ賞でも助演女優賞に輝いた。監督を務めたのは「ラースと、その彼女」のクレイグ・ギレスピー

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」は、TOHOシネマズ系列ほか全国で公開される。

(c)2017 AI Film Entertainment LLC

映画ナタリーをフォロー