映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

池部良、佐田啓二、森雅之、上原謙、昭和の“ダンディ俳優”出演作集めた特集上映

111

「恋化粧」 (c)1955東宝

「恋化粧」 (c)1955東宝

特集上映「生誕100年記念 池部良と昭和のダンディズム」が、1月20日から2月23日まで東京・神保町シアターにて行われる。

これは、戦後の日本映画界で活躍し、生涯160本以上の作品に出演した池部良の生誕100年を記念したもの。池部の出演作と、同時代に日本の映画界を彩った“ダンディ俳優”である佐田啓二森雅之上原謙の出演作を合わせた計20本がスクリーンにかけられる。

川端康成の小説の映画化で、池部が芸者と恋に落ちる妻子ある男を演じた「雪国」、佐田扮する男が山本富士子演じる芸妓と恋に落ちる「京化粧」、上原と原節子が共演した成瀬巳喜男の監督作「山の音」、森が主演し、新藤兼人が脚本を手がけた社会派メロドラマ「わが生涯のかがやける日」などがラインナップされた。

「生誕100年記念 池部良と昭和のダンディズム」

2018年1月20日(土)~2月23日(金)東京都 神保町シアター
料金:一般 1200円 / シニア 1000円 / 学生 800円
<上映作品>
現代人
わたしの凡てを
恋化粧
雪国(1957年)
裸の町(1957年)
脱獄囚(1957年)
黒い画集 寒流
花影(1961年)
血は渇いてる
最後の切札
女の坂
京化粧
わが生涯のかがやける日
すずかけの散歩道
帰郷(1964年)
カモとねぎ
山の音
三百六十五夜(総集編)
雪夫人絵図
夫婦(1953年)

映画ナタリーをフォロー