映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

新人監督に贈られる新藤兼人賞、「ブランカとギター弾き」長谷井宏紀が金賞に

319

2017年度新藤兼人賞の受賞者が決定。金賞は「ブランカとギター弾き」の長谷井宏紀、銀賞は「愚行録」の石川慶に贈られる。

1996年に設立された本賞は、日本映画製作者協会が将来性のある新人監督を選出して授与する映画賞。過去に是枝裕和、橋口亮輔、李相日、西川美和といった監督たちが受賞している。

選考対象となったのは、2016年12月から2017年11月に劇場公開された新人監督による長編作品181作品。ヴェネツィア国際映画祭カレッジシネマ部門の出資を受けて制作された「ブランカとギター弾き」の長谷井が金賞、妻夫木聡と満島ひかりが兄妹役で共演したミステリー「愚行録」の石川が銀賞を獲得した。

また優秀な作品の完成に貢献したプロデューサーや企画者を称えるプロデューサー賞もあわせて発表に。本年はドキュメンタリー「もうろうをいきる」「海の彼方」の山上徹二郎への贈賞が決まった。

授賞式は12月8日、東京・如水会館で開催。

映画ナタリーをフォロー