映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ジュリー!沢田研二デビュー50年を記念した特集で「太陽を盗んだ男」など12本

1263

「太陽を盗んだ男」 (c)1979 東宝/フィルムリンク・インターナショナル

「太陽を盗んだ男」 (c)1979 東宝/フィルムリンク・インターナショナル

「祝・沢田研二デビュー50年 ジュリー ~MY LOVE~」と題された特集上映が、明日11月27日から12月2日にかけて東京・新文芸坐で行われる。

“ジュリー”の愛称で知られ、69歳の現在もミュージシャンや俳優として活躍する沢田研二。この特集では、沢田の出演作12本がスクリーンにかけられる。ラインナップには、長谷川和彦がメガホンを取ったアクション映画「太陽を盗んだ男」、藤田敏八の監督作「リボルバー」「炎の肖像」、沢田がボーカルとタンバリンを担当したザ・タイガースの主演作「ザ・タイガース 華やかなる招待」、沢田が天草四郎時貞を演じた深作欣二の監督作「魔界転生」が並ぶ。そのほか、沢田が孤高のテロリストに扮した森田芳光の監督作「ときめきに死す」、諸星大二郎のマンガを塚本晋也が映画化した「ヒルコ/妖怪ハンター」、沢田が現妻の田中裕子と結婚するきっかけとなった「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」も上映される。

祝・沢田研二デビュー50年 ジュリー ~MY LOVE~

2017年11月27日(月)~12月2日(土)東京都 新文芸坐
<上映作品>
大阪物語(1999年)
男はつらいよ 花も嵐も寅次郎
パリの哀愁
炎の肖像
ザ・タイガース 華やかなる招待
カタクリ家の幸福
リボルバー(1988年)
恋人よ われに帰れ LOVER COMEBACK TO ME
魔界転生(1981年)
ヒルコ/妖怪ハンター
ときめきに死す
太陽を盗んだ男
料金:一般 1350円 / 学生 1250円 / 友の会、シニア 1100円
※2本立て

映画ナタリーをフォロー