グザヴィエ・ドランに迫るドキュメンタリー公開、本人が撮影秘話やこだわり語る

207

グザヴィエ・ドランの魅力に迫るドキュメンタリー「グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル」が、11月11日より東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開される。

グザヴィエ・ドラン

グザヴィエ・ドラン

大きなサイズで見る(全4件)

「グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル」チラシビジュアル

「グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル」チラシビジュアル[拡大]

19歳にして「マイ・マザー」で監督デビューを果たしたドラン。これまでに発表した長編映画6本のうち5本がカンヌ国際映画祭に正式出品され、「Mommy/マミー」で同映画祭コンペティション部門の審査員特別賞、「たかが世界の終わり」では同部門のグランプリを獲得した。

左からマリオン・コティヤール、グザヴィエ・ドラン。

左からマリオン・コティヤール、グザヴィエ・ドラン。[拡大]

「グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル」では、ドランが映画作りへの思いやこだわり、過去作の撮影秘話を明かす。また、ヴァンサン・カッセルマリオン・コティヤールナタリー・バイなどドランの監督作に出演した俳優たちのインタビューなどを収録。さらにカンヌ国際映画祭のディレクターであるティエリー・フレモーや、映画監督のガス・ヴァン・サントといった面々がドランの魅力を語り尽くす。

この記事の画像(全4件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

グザヴィエ・ドランのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2016 Tangaro - Shoot again productions - MK2 - Sons of Manual - Metafilms