映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

満島ひかり、永山絢斗が「海辺の生と死」奄美大島での撮影振り返る

424

左から川瀬陽太、井之脇海、満島ひかり、永山絢斗、津嘉山正種、越川道夫。

左から川瀬陽太、井之脇海、満島ひかり、永山絢斗、津嘉山正種、越川道夫。

本日、6月27日に東京・テアトル新宿にて「海辺の生と死」の完成披露が行われ、キャストの満島ひかり永山絢斗井之脇海川瀬陽太津嘉山正種、監督の越川道夫が舞台挨拶に登壇した。

本作は、小説「死の棘」で知られる島尾敏雄と自身も作家である妻の島尾ミホが、それぞれ出会いのエピソードをつづった小説や関連書籍をもとにした愛の物語。第2次世界大戦末期を舞台に、奄美のある島に赴任してきた海軍特攻艇の隊長・朔と国民学校教師・トエの恋が描かれる。

島尾ミホがモデルのトエを演じた満島は、自身のルーツでもある奄美大島での撮影を「泊まっているホテルのロビーで祖母の弟に会ったり、方言、歌や踊りなども耳なじみがあったので、映画の撮影をしながらも故郷に戻って、上京した13歳からの生活をやり直してるような不思議な感覚でした」と振り返る。

島尾敏雄がモデルの朔を演じた永山は「現場に入ってからは島尾さんの古い著書を浜辺とかで読んで、こういう文章を書く顔になれるかなと思っていました」と述べ、「島の至るところに島尾さんの名前があって、そういうピースのおかげで助かりましたね」と回想した。

若い兵隊・大坪役の井之脇が「普段はしゃいだりするほうじゃないんですが、自然と触れ合えるのがうれしくて。永山くんと川瀬さんと魚捕りや釣りに行ったりして、1日中遊んだんです。そしたら前の日に釣りをした満島さんのほうがいい魚を釣ってた」と明かすと、満島は「25匹釣ったんですよ!」とうれしそうに笑顔を見せた。川瀬は「戦時中に穿たれた穴があったり、蝉やカエルの鳴き声なども当時と変わらず聞こえてくる場所で撮影できたことがよかったです」と感慨深そうにコメント。沖縄出身の津嘉山は「役に立てるだろうと思って行ったんですが、奄美の言葉は沖縄の方言とまるで違うので方言指導を受けました」と述懐する。

島尾夫妻の作品を若い頃から大切に読んできたという越川は「若い頃は2人のロマンティックな恋物語ができるんじゃないかと思ってたけど、島の人たちはどうやって日常を暮らしていたのかということのほうが重要になってきたんです」と明かし、「鳥や虫の声がいっぱいすると思うのでよく耳を澄ませてください」とアピールした。

最後に満島は「島尾ミホさんは愛に生きた方。彼女の居場所は愛だけだったんじゃないかな。私自身、同じような部分があるので近いなあと思います」と共感を寄せ、「島の人々の記憶の中の世界を、どうにか映画の中に映せないだろうかと思って越川さんと始めた企画。美しく恐ろしいものを優しく撮ろうとした作品です」と語り、イベントの幕を引いた。

「海辺の生と死」は、7月29日より東京・テアトル新宿ほか全国で順次ロードショー。

(c)2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ

映画ナタリーをフォロー