映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

全編動く油絵で構成、画家ゴッホの死の謎に迫るアニメ公開

1087

「ゴッホ~最期の手紙~」 (c)Loving Vincent Sp. z o.o/ Loving Vincent ltd.

「ゴッホ~最期の手紙~」 (c)Loving Vincent Sp. z o.o/ Loving Vincent ltd.

アヌシー国際アニメーション映画祭2017の長編部門で観客賞を受賞した「Loving Vincent」が、「ゴッホ~最期の手紙~」の邦題で公開される。

全編が動く油絵で構成されている本作は、フィンセント・ファン・ゴッホの死の謎に迫るサスペンス。ダグラス・ブースヘレン・マックロリーシアーシャ・ローナンエイダン・ターナーらの演技を撮影した映像を約6万5000枚の油絵に生まれ変わらせたあと、1秒12コマのアニメーションとして再構築した。

監督を務めたのはドロタ・コビエラヒュー・ウェルチマン。「イーダ」のウカシュ・ジャルと「ファンタスティック Mr.FOX」のトリスタン・オリヴァーが撮影監督を担当し、音楽を「月に囚われた男」のクリント・マンセルが手がけた。

「ゴッホ~最期の手紙~」は10月より東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国で順次公開。

映画ナタリーをフォロー