映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ゴッホ~最期の手紙~」に油絵制作スタッフとして参加した古賀陽子の個展開催

281

「ゴッホ~最期の手紙~」メイキング写真

「ゴッホ~最期の手紙~」メイキング写真

アニメーション映画「ゴッホ~最期の手紙~」に油絵制作のスタッフとして参加した画家・古賀陽子の個展が、1月25日から2月3日にかけて東京・創英ギャラリーにて開催される。

アヌシー国際アニメーション映画祭2017の長編部門で観客賞を獲得した本作は、6万2450枚の油絵で構成されたアニメーション。郵便配達人ジョゼフ・ルーランの息子アルマンが、画家フィンセント・ファン・ゴッホの死の謎を追う。

油彩の人物画を中心にした自身の個展について古賀は「女性の美しさや内面の魅力、命の儚さ、日常のふとした瞬間の幸福な時間、懐かしさなど静かな感動を表現した寓意像を目指しています」とコメントを寄せた。古賀は1月25日から28日にかけて在廊。なお2月21日から3月4日にかけて京都・ギャラリー知でも古賀の個展が行われる。

ドロタ・コビエラヒュー・ウェルチマンが監督を務めた「ゴッホ~最期の手紙~」は現在公開中。

古賀陽子 個展@銀座

2018年1月25日(木)~2月3日(土)東京都 創英ギャラリー
開館時間 10:30~18:30 ※土曜、日曜は17:00閉館
入場料:無料

古賀陽子 個展@京都

2018年2月21日(水)~3月4日(日)京都府 ギャラリー知
※2月26日(月)、27日(火)は休廊
開館時間 12:00~19:00 ※日曜は17:00閉館
入場料:無料

古賀陽子 コメント

本展覧会では、近代美術の良さを再認識しつつも現代の表現を織り交ぜた独自のスタイルへの昇華を目指しています。女性の美しさや内面の魅力、命の儚さ、日常のふとした瞬間の幸福な時間、懐かしさなど静かな感動を表現した寓意像を目指しています。絵を観て、この人は何を想ってるんだろう、と想像を巡らせていただけたら幸いです。

(c)Loving Vincent Sp. z o.o / Loving Vincent ltd.

映画ナタリーをフォロー