映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ゴッホの死に迫るアニメでイッセー尾形が郵便配達人ジョゼフ・ルーランの声を担当

73

アヌシー国際アニメーション映画祭2017の長編部門で観客賞を受賞した「ゴッホ~最期の手紙~」。本作に登場するキャラクター、ジョゼフ・ルーランの吹替をイッセー尾形が担当する。

全編が動く油絵で構成されている本作は、画家フィンセント・ファン・ゴッホの死の謎に迫るサスペンス。ダグラス・ブースヘレン・マックロリーシアーシャ・ローナンエイダン・ターナーらの演技を撮影した映像を約6万5000枚の油絵に生まれ変わらせたあと、1秒12コマのアニメーションとして再構築した。監督を務めたのはドロタ・コビエラヒュー・ウェルチマン

ルーランはゴッホの絵画「郵便配達人ジョゼフ・ルーラン」のモデルとなったキャラクター。イッセーは「トボけた味の愛すべきキャラクター。映画では彼が物語の原動力になります。もうトボけるだけではありません。ゴッホ愛をルーランに乗せて是非演じてみたいです!」とコメントを寄せた。

さらに、7月20日より東京・東京都美術館ほかで順次開催される「ボストン美術館の至宝展」とのタイアップとして、本作の映像を使用した特別動画「ルーラン親子、日本へ行く」がこのたびYouTubeにて公開。イッセーはこの特別動画の中で、ルーランの息子アルマンの声も担当している。

「ゴッホ~最期の手紙~」は10月より東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国で順次公開。

イッセー尾形 コメント

思いがけずのルーラン役です! 実は私、ゴッホを巡る創作指人形劇を作りルーランも登場していたのです。トボけた味の愛すべきキャラクター。映画では彼が物語の原動力になります。もうトボけるだけではありません。ゴッホ愛をルーランに乗せて是非演じてみたいです!

(c)Loving Vincent Sp. z o.o / Loving Vincent ltd.

映画ナタリーをフォロー