映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「追憶」の岡田准一は神様?屋久杉?長澤まさみや小栗旬が絶賛

1419

「追憶」完成披露会見の様子。左から撮影の木村大作、キャストの吉岡秀隆、木村文乃、柄本佑、小栗旬、長澤まさみ、安藤サクラ、監督の降旗康男。

「追憶」完成披露会見の様子。左から撮影の木村大作、キャストの吉岡秀隆、木村文乃、柄本佑、小栗旬、長澤まさみ、安藤サクラ、監督の降旗康男。

本日4月4日に東京の東京国際フォーラムにて「追憶」の完成披露会見が行われ、キャストの岡田准一小栗旬柄本佑長澤まさみ木村文乃安藤サクラ吉岡秀隆、監督の降旗康男、撮影の木村大作が登壇した。

本作は、「鉄道員(ぽっぽや)」の監督・降旗と撮影の木村大作が「憑神」以来9年ぶりにタッグを組んだミステリー。幼少期をともに過ごした幼なじみの3人が、刑事、容疑者、被害者という形で25年ぶりに顔を合わせることから物語が展開していく。刑事の四方篤を岡田、容疑者の田所啓太を小栗、被害者の川端悟を柄本が演じる。

黒いスーツ姿で登場した岡田は「名監督の降旗監督と名カメラマンの木村大作さんとどう向き合っていけるのかをすごく考え、悩んだ作品でもあります」と撮影当時の心境を吐露。続けて「人の心に染み込んでいく映画が完成したと思っています。そこに自分が参加できた喜びを今噛み締めている最中です」と感慨深そうに挨拶した。小栗は「できあがったものを観たときの余韻が非常に好きな作品だったので、それを楽しんでいただけたらと思います」とアピール、安藤は「現場では今すごい時間を過ごしているなとずっと思っていました」と回想する。

長澤は実写映画では初共演となる岡田のことを「誰よりもこの作品のことを考えているし、誰よりも強くて優しくて神様みたいな人だなといつも現場で思ってました」と絶賛。さらに柄本が「岡田准一を形容するぴったりな言葉は『屋久杉』。太い幹で芯があって……」と続け、小栗が「屋久杉も神話的なところがあるしね。やっぱり神様なんじゃないかな?」と岡田を覗き込むと岡田は恥ずかしそうに照れ笑いを見せる。長澤は「岡田さんのこと本当に尊敬します!」と再び賛辞を寄せた。吉岡は「『海賊とよばれた男』で共演した本当に尊敬する岡田くんと再共演できて、いつか一緒にお芝居ができたらいいなと思っていた小栗くんと共演できたことを本当にうれしく思っています」と喜びを語る。事務所の先輩である小栗との共演について木村文乃は「最初の頃は小栗さんに『がんばってるね』と声をかけていただいていたけど、何年か前に『いつか共演できたらいいね』とまで言っていただけて、やったな!と思いました」と述懐。小栗は「身近な距離でずっと見てきていたので、夫婦役をやって恥ずかしかった」と胸中を告白した。

物語の中心人物を演じる岡田、小栗、柄本の3人はフレームの中にどう映っていたかと問われた木村大作は「小栗さんには三船敏郎、柄本さんには森繁久彌、岡田さんには高倉健さんがかぶってきた。そういう感じでルーペを覗いていたことは多々ありますね」と往年の名優たちの名前を挙げる。続いて、岡田と高倉に通ずる部分はどこかと尋ねられた降旗は「斜め後ろからの姿ですね。背は健さんの方が高いんだけど、1人の人間の姿としては同じような人生を背負って生きているというものは共通しているんじゃないかな。岡田さんに高倉健さんを継ぐような俳優さんになってほしいなと思いながら仕事をしていました」と感慨深そうに吐露。それを受けて岡田は「健さんは唯一無二のスペシャルな方ですから、比べていただくのも恐縮してしまう」と謙遜する様子を見せる。そして「自分にとってはすごく大きな方ですので、健さんの後ろ姿を追いかけて仕事をしていけたらいいなと思いますし、人間を映してこられた健さんに近いことができるように歳を重ねていけたらいいなと願っている最中ですね」と思いを明かした。

「追憶」は5月6日より全国東宝系にて公開。

(c)2017映画「追憶」製作委員会

映画ナタリーをフォロー