映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「追憶」初日、岡田准一が「おじいちゃん元気だよ!」と降旗康男&木村大作をたたえる

395

左から柄本佑、木村大作、降旗康男、安藤サクラ。

左から柄本佑、木村大作、降旗康男、安藤サクラ。

本日5月6日、「追憶」の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 日劇で行われ、キャストの岡田准一安藤サクラ柄本佑、監督の降旗康男、撮影の木村大作が登壇した。

岡田は82歳の降旗と77歳の木村について「70代、80代の大先輩、レジェンドの方々とのお仕事でしたが、日本のご高齢の皆さん元気だぞと、現場でも感じさせていただいた」と話し、「おじいちゃん元気だよ!」と挨拶。木村は客席に向けて「おじいさんではありません!」と大きな声で宣言し、「映画の世界に入って60年目です。78にもうすぐなります!」と続けると壇上や客席から笑いが起きる。

ここで、幼なじみたちが25年ぶりに再会するという劇中の設定にちなみ、登壇者たちの過去の写真をスクリーンに投影しながら当時を振り返ることに。柄本は自転車に乗っていて顔面から落ちたときに撮影された、5~6歳時の写真を見ながら「ジャッキー・チェンが好きでスタントマンになりたかった時代」と説明する。安藤はキョンシーポーズを決めて変顔をしている5歳のときの写真について「一緒に写っている友人は、『追憶』の中で私がかけているストールを染めてくれた子」と明かした。

黄色いチェックのネルシャツにデニムジャケットを着た9~10歳当時の岡田の写真が投影されると、柄本は「かわいいわー」と感嘆の声を上げる。岡田は「母親がピアノを教えている部屋で、『SLAM DUNK』」を読んでいるとき」と話し、「ピアノの下に隠れてピアノの音を聞くのが好きで、この頃は学校の先生になりたかった」と振り返った。22歳のときに撮影された写真について降旗は「映画会社に入って1年目で、もう辞めようと思っていた。機関車の映画(「裸の太陽」)のときに家城巳代治監督とカメラマンの宮島義勇さんに出会って、それまでとはまったく違う映画の作り方を目の当たりにした。この経験がなければ、今日の僕はなかった」と感慨深く語った。

その後、キャストたちは降旗と木村に花束と帽子をプレゼント。岡田は「これからも映画をどんどん作っていってください」と2人にエールを送り、イベントを締めくくった。

映画ナタリーをフォロー