映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

報知映画賞で「湯を沸かすほどの熱い愛」が4冠、「君の名は。」が特別賞に

1944

報知新聞社が主催する第41回報知映画賞の受賞結果が発表された。

邦画作品賞に選ばれたのは、宮沢りえが主演を務めた「湯を沸かすほどの熱い愛」。余命2カ月と宣告された主人公の“お母ちゃん”こと幸野双葉が、残される家族のために“絶対にやっておくべきこと”を実行していくヒューマンドラマだ。また本作は宮沢が主演女優賞、杉咲花が助演女優賞、監督の中野量太が新人賞と、計4つの賞に輝いた。

そのほか監督賞は「怒り」の李相日、主演男優賞は「葛城事件」の三浦友和、助演男優賞は「リップヴァンウィンクルの花嫁」「64-ロクヨン-」「怒り」の綾野剛が受賞。新人賞には中野のほかに「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の岩田剛典(EXILE、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)も選出された。また新海誠の監督作「君の名は。」が、特別賞に選ばれている。

報知映画賞では、ファン投票上位の中から映画賞事務局がノミネート作品・人物を選出。そこから映画評論家ら選考委員が受賞者を決定する。なお12月には表彰式が行われる。

第41回報知映画賞

作品賞・邦画

「湯を沸かすほどの熱い愛」

監督賞

李相日(「怒り」)

主演男優賞

三浦友和(「葛城事件」)

主演女優賞

宮沢りえ(「湯を沸かすほどの熱い愛」)

助演男優賞

綾野剛(「リップヴァンウィンクルの花嫁」「64-ロクヨン-」「怒り」)

助演女優賞

杉咲花(「湯を沸かすほどの熱い愛」)

新人賞

岩田剛典(「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」)
中野量太(「湯を沸かすほどの熱い愛」)

作品賞・海外

クリード チャンプを継ぐ男

特別賞

「君の名は。」

映画ナタリーをフォロー