映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「溺れるナイフ」菅田将暉、小松菜奈への“顔ペロ”ならぬ“顔べっろお”振り返る

1256

左から菅田将輝、小松菜奈。

左から菅田将輝、小松菜奈。

溺れるナイフ」の大ヒット御礼舞台挨拶が、本日11月12日に東京・TOHOシネマズ 渋谷で開催され、キャストの小松菜奈菅田将暉が登壇した。

ジョージ朝倉のマンガを山戸結希が実写化した本作は、田舎町に引っ越してきた15歳のティーンモデル・夏芽と、神主一族の跡取り・コウが惹かれ合うさまを描いたラブストーリー。小松が夏芽、菅田がコウを演じた。

本日までに16万人以上の動員を記録している本作。完成作品を観たときの気持ちを聞かれると、小松は「ちょっと悔しいと思ってしまったんです。現場では監督と闘っていて、『なんだこのやろう』って思ったこともたくさんあって。でも映画を観て、(素敵な作品になっていて)『あー悔しい!』って感じました」と打ち明ける。

そんな現場について菅田は、「例えば監督が『あの鳥を入れたい!』って言ったとして……動物じゃないですか。だからそこから3時間くらい待ったりして。正直気持ちのいい待ち時間ではなかったですけど、できあがったものを観ると、コウちゃんが自然と共存しているっていうのは大事な部分だったので。ああやって待った時間は伊達じゃなかったなと思いました」と振り返る。

これまでの舞台挨拶で「壁ドンや顎クイを練習したのに、今回使うシーンがなかった」と嘆いていた菅田。しかし本作には、ジュースをこぼした夏芽の顔をコウが舐めるシーンがあることから、司会に「“顔ペロ”はありましたね」と話を振られる。「顔ペロって聞くと聞こえがいいですね。でもペロって感じでもなかったです。……巻き舌気味に“顔べっろお”ですかね」と話して会場を沸かす。また、実はそのシーンのあと、夏芽の写真集を見ながら2人がアドリブで会話していたことが明らかに。「写真集いくら?」「1800円くらい」「えっ! やっす!!」という掛け合いがあったそうだが、小松は「全部カットされちゃったんです」と、菅田は「コウちゃんと夏芽って演じていて楽しくはないから、息抜きがてらそういう話を入れていたんです」と裏話を語った。

会場で質問を募ることになると、菅田自らがマイクを持ち、手を挙げた観客のもとへ。まさかの展開にファンからは喜びの悲鳴が上がる。そして「ディストラクション・ベイビーズ」と本作、続けて現場を共にしている2人に、「次にまた共演するとしたらどんな作品がいいか?」という質問が。菅田が「ハッピーなのやりたいね。でもイメージ湧かないんだよね」と言うと、小松は「恥ずかしくて無理ですね!」と即答。すると菅田が「同じ(刑務所の)囚人役とかいいんじゃない?」と提案して笑いを起こした。

イベント終盤には、小松と菅田へ「自分にとって『溺れるナイフ』とは?」というお題が出される。撮影当時19歳だった小松は「10代最後の輝き」と回答。「10代にしかないエネルギーや感情がみなぎっている姿を、最後に撮影してもらえて、映画にしてもらえたということが一生の宝物です。葛藤や苦しい部分もあったんですけど、それも全部輝いてたのかなって」と説明する。一方の菅田は「瘡蓋(かさぶた)」と書かれたフリップを掲げる。「1年半前に受けた切り傷が、今かさぶたになったくらいかな。ナイフって言うだけあって、身も心も擦り傷だらけになったんですよ。本当に映画として完成しないかもしれないっていうヒリヒリ感があったからこそ、今こうしてここに立てたことに感謝です」とまとめた。

(c)ジョージ朝倉/講談社 (c)2016「溺れるナイフ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー