映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

水谷豊がタップダンス映画で監督デビュー「60歳を超えて新しい挑戦ができ幸せ」

1552

「TAP -THE LAST SHOW-」の撮影風景。

「TAP -THE LAST SHOW-」の撮影風景。

水谷豊が初メガホンを取る「TAP -THE LAST SHOW-」が現在制作中であることが明らかになった。

40年前、23歳の水谷が思い描いていた物語を「御手洗薫の愛と死」の両沢和幸が脚本化した本作。とある事故により一線を退き、自堕落な生活を送る元・天才タップダンサーと、ダンスの腕を磨くため彼のもとを訪れた、それぞれに事情を抱える若者たちの交流を描く。水谷が渡真二郎役で主演も務め、北乃きい清水夏生六平直政前田美波里岸部一徳らが脇を固める。

水谷は監督のオファーを受けたときの心境を「過去、工藤栄一監督から『豊は監督をやった方がいい』と薦められたことがありましたけど、まさか自分が監督をやるなんて思っていませんでした。2週間くらい悩みましたかね……」と振り返る。続いて「人生は何が起こるかわかりませんね。でも、60歳を超えて新しい何かに挑戦できるということ、それも監督という大役に挑戦できるのはとても幸せなこと」と喜びを語っている。

脚本について水谷は「以前、ブロードウェイでショーを観たときに、涙があふれてきたことがありました。本当にすごいダンスは、それだけで涙が出るものだと知ったのです。でも、どのダンスのジャンルにしても、トップダンサーであっても自分の教室を持って生徒を集めていかないと、食べていくことができにくい世界。本当はダンスだけで食べていけることが理想だと、皆さん思っているはずです。でも、現実はそうはいかない……。そういう世界がそこにあることを、しっかり見せたい」とコメント。北野武の監督作「座頭市」で振り付けを担当したHIDEBOHがダンス監修を行い、300名強のオーディション参加者の中から選ばれた5人の若手キャストが劇中でダンスを披露する。

「TAP -THE LAST SHOW-」は2017年公開予定。

(c)2017 TAP Film Partners

映画ナタリーをフォロー