映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

轢き逃げ -最高の最悪な日-

轢き逃げ -最高の最悪な日-

ヒキニゲサイコウノアイサクナヒ

解説

俳優・水谷豊の映画監督第2作は、ある轢き逃げ事件をきっかけに、7人の登場人物の心の軌跡をあぶり出す心理ドラマ。「人間の奥底には自分でもわからない感情が潜んでいる」というアイデアをもとに、水谷自身が脚本も執筆。事件の被害者の父親役で出演も兼ねる。事件を追うベテラン刑事を演じるのは『相棒』でも長らく共演した盟友・岸部一徳。

ストーリー

地方都市で轢き逃げ事件が発生し、ひとりの女性が命を落とす。運転していたのは結婚式の打ち合わせに向かっていた秀一と親友の輝。秀一の婚約者の早苗、被害者の両親、事件を担当することになったベテラン刑事と新米刑事。それぞれの人生が複雑に交錯する。

2019年5月10日(金)公開 / 上映時間:127分 / 製作:2019年(日本) / 配給:東映

(C)2019映画「轢き逃げ」製作委員会

(C) PIA

轢き逃げ -最高の最悪な日-のニュース

映画ナタリーをフォロー