映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「こちらの右京もよろしく」、水谷豊が「王妃の館」舞台挨拶で子供たちにサプライズ

187

「王妃の館」こどもの日プレミアム舞台挨拶の様子。

「王妃の館」こどもの日プレミアム舞台挨拶の様子。

本日5月5日、東京・新宿バルト9にて「王妃の館」こどもの日プレミアム舞台挨拶が行われ、主演の水谷豊、子役の山田瑛瑠、監督の橋本一が登壇した。

「王妃の館」は、浅田次郎の同名小説を原作に、「探偵はBARにいる」「相棒」シリーズの橋本がメガホンを取ったヒューマンドラマ。“王妃の館”と呼ばれるパリの高級ホテルを舞台に、倒産寸前の旅行会社によるツアーに参加した人々が繰り広げる騒動を描く。それぞれに問題を抱える参加者の中でもとりわけ個性の強い小説家の北白川右京を水谷豊が、北白川がつづる小説の登場人物プティ・ルイを山田瑛瑠が演じる。

イベントにはこどもの日にあわせて55名の親子連れが招待され、劇中の衣装で登壇した水谷と山田を盛大な拍手で迎えた。自身でデザインしたというアバンギャルドなファッションに身を包んだ水谷は、「皆さまようこそお越しくださいました」と北白川のキャラクターになりきって挨拶。山田は劇場を埋め尽くした観客を前に「初めて出演した映画なのでびっくりしています」と感謝の気持ちを述べた。

日本映画で初めてヴェルサイユ宮殿で撮影が行われた同作。橋本は「芸術の都フランスが舞台ですので、17世紀の絵画を意識しながら演出しました」と制作時の思いを明かした。「相棒」シリーズで長らく橋本とタッグを組んできた水谷は、「あちらも右京ですが、こちらも右京ですので、両方を楽しんでもらいたい」とユーモアたっぷりにアピール。

イベントでは、作品の中で“ワケあり”なツアー客たちを幸せに導いた北白川役の水谷が、子供たちの成長と幸福な未来を願い、特製キャンディをプレゼントするサプライズも実施。壇上に上がった子供たち1人ひとりに声をかけながらキャンディを手渡した。

最後に水谷が「『王妃の館』を制作するときに心がけたことに、親子で楽しめる映画にしたいという思いがあった」と告白。壇上に立つ子供たちを見回し「今日1日は子供の笑顔と共に過ごしたいと思います。皆さまよいこどもの日をお過ごしください」とコメントし、イベントの幕を閉じた。

「王妃の館」は、新宿バルト9ほか全国で公開中。

映画ナタリーをフォロー